주요 기사 바로가기

中国共産党の介入で…世界時総トップ10から中企業が消える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.17 15:00
0
世界時価総額上位10位圏から中国企業が痕跡を消した。中国当局のビッグテック(大型技術企業)に対する圧迫、いわゆる「紅色規制」の影響だ。当局の全方向な圧迫に中国ビッグテックの株価が暴落しながら時価総額基準で世界上位10位内から中国企業が全滅したとブルームバーグ通信が16日(現地時間)、報じた。

ブルームバーグはこの日午前基準で中国のインターネット企業のテンセントの時価総額が5520億ドル(約61兆円)で世界時価総額10位を米国NVIDIA(5590億ドル)に譲ったと伝えた。今年初めに中国電子商取引企業アリババが世界時価総額上位10社から押し出されたことに続き、テンセントまで消えながら世界時価総額上位10社に中国企業が一社もない状態になった。2017年以降で初めての出来事だ。

その後、株価状況の変化により17日午前基準でテンセントが再度10位に入った。その後もNVIDIAと時価総額10位を巡り抜きつ抜かれつする状況だ。

テンセントは今年1月の時点で時価総額1兆ドルを超えるかどうかを巡って注目を浴びていた。当時、時価総額は9490億ドルまで増えたためだ。だが、その後下落傾向をたどった。今年1月と比較すると時価総額が4000億ドル近く蒸発した。

中国当局の全方向的な圧迫が原因という分析が支配的だ。中国当局は先月、テンセントに音盤社会社と締結した独占版権契約を放棄するよう指示を与えた。今月初め、中国当局は18歳未満の青少年のオンラインゲーム利用も金曜日夕方、週末と公休日に一日最大1時間だけ許容する措置を出した。中国ゲーム市場で56%のシェアを持つテンセントを狙った措置という評価だ。ブルームバーグは「中国当局の規制動きが厳しくなっている」とし「(テンセントなど中国ビックテックの)苦痛がすぐに終わるという兆候はない」と伝えた。

一方、ブルームバーグによると、16日基準で世界時価総額1位はアップルで2兆4600億ドルを記録した。2位はマイクロソフト(MS)で2兆2900億ドル、3位はグーグルの親企業であるアルファベット(1兆9300億ドル)だった。ついでサウジアラムコ(1兆8700億ドル)、アマゾン(1兆7600億ドル)、フェイスブック(1兆500億ドル)、テスラ(7570億ドル)、バークシャー・ハサウェイ(6300億ドル)、TSMC(5630億ドル)などとなっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP