주요 기사 바로가기

サムスン電子の屈辱…スマートフォン頭脳AP市場で「その他」に分類

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.17 13:43
0
スマートフォンの頭脳と呼ばれるアプリケーション・プロセッサ(AP)市場が6四半期連続で二桁成長した。クアルコムとメディアテック、アップルが「3強構図」を形成している中、サムスン電子は市場調査企業の調査で「その他(Others)」に分類された。

17日、ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、今年4-6月期のグローバルAP市場の売上は70億ドル(約7700億円)で前年同期比18%成長した。クアルコムが市場シェア36%で1位を占めた。2位は台湾のメディアテック(29%)、3位はアップル(21%)だった。SAはサムスン電子のシェアを別途公開しないで「その他(14%)」に分類した。

5Gスマートフォン用APが成長を牽引(けんいん)した。SAは「4-6月期の5G用AP出荷量が前年同期比140%、平均販売価格(ASP)は8%それぞれ増加した」と明らかにした。また4-6月期に出荷されたスマートフォンAPのほぼ100%をTSMCとサムスン電子ファウンドリ(半導体委託生産)が製造したと分析した。この期間に生産されたAPの約20%は5ナノ工程で作られた。

SAアナリストのスラバン・クンドジャラ氏は「クアルコムとメディアテックは(ファウンドリ生産の)容量制約の中でも堅調な出荷量成長を記録した」とし「特にクアルコムのAP出荷量の54%が5G用だった」と分析した。続いて「台湾メディアテックと中国UNISOC(紫光展鋭)は中国基盤スマートフォンメーカーの出荷量増加と4G市場確保などに力づけられて4-6月期にAP売上が三桁増加した」と明らかにした。

これに先立つカウンターポイントリサーチの調査でも、サムスン電子は4-6月期AP市場シェア7%で4位にとどまった。これに関連して、サムスン電子は今年末に新作AP「Exynos(エクシノス)2200」をリリースする予定だ。この製品はARMと協業した前作(Exynos 2100)とは違ってAMDと提携してグラフィック処理装置(GPU)性能を大幅に向上させたことが分かった。

有名ITティップスター(情報提供者)のアンソニーは最近、「グラフィックカードの性能を測定する3D Markタスクの結果、Exynos 2200がクアルコムのSnapdragon888はもちろん(発売予定の)Snapdragon895よりも点数が高かった」とし「Exynos 2200は演算とグラフィック性能ともにライバルであるSnapdragonを上回ったサムスン初のチップセットになる可能性がある」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子の屈辱…スマートフォン頭脳AP市場で「その他」に分類

    2021.09.17 13:43
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子のカン・インヨプ社長が「エクシノス2100」を紹介している。[写真 サムスン電子]
    TOP