주요 기사 바로가기

Galaxy S22早期登場? アップルに対抗しようとして「カニバリゼーション」懸念

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.10 14:14
0
サムスン電子の次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy(ギャラクシー) S22」早期発売説が拡散している。だが、可能性は高くないというのが業界の観測だ。

◆「Galaxy S22 11月量産、12月発売説」拡散

10日、スマートフォン業界や金融投資業界によると、サムスン電子のギャラクシーS22が早ければ年末に発売される可能性があるという展望とマスコミの報道が続いている。ITメディア「SamMobile」は「サムスンが11月に製品の量産に入り、12月に新製品を発売する可能性が提起されている」と最近報じた。証券街でもGalaxy S22の早期発売説が浮上している。

実際にサムスン電子は最近2年間、「Sシリーズ」の発売時点を繰り返し操り上げた。「2月公開、4月グローバル発売」という公式を破ってGalaxy S20は3月に、Galaxy S21は1月に発売された。特にサムスン電子は毎年1000万台ほど販売された「Note(ノート)」シリーズを今年下半期に発売せず、代わりにフォルダブルフォン(折りたたみスマホ)2点を出した。Galaxy Z Flip3とGalaxy Z Fold3が序盤の興行に力を入れているが、ノートシリーズの販売量を相殺することができるかは未知数だ。

さらにApple(アップル)の新作iPhone13が今月14日公開されるだけに、サムスン電子がGalaxy S22の早期発売でアップルの牽制(けんせい)に出るという見方もある。

◆Galaxy S22仕様が最近確定、時間的に無理

だが、可能性は大きくない。ある業界関係者は「コード名『RAINBOW』と命名されたGalaxy S22のモデル別仕様が最近確定したと承知している」とし「部品量産開始時点を11月と見るなら、12月の発売は時間的に無理」と話した。

何よりGalaxy S22の早期発売が今年10月末にリリース予定のGalaxy S21ファンエディション(FE)と「カニバリゼーション(共食い)」を起こす恐れがある。Galaxy S21 FEは今年1月に発売されたGalaxy S21の普及型モデルだ。関連業界ではこの製品の出荷量を1000万台強になると予想している。

◆10月に発売するGalaxy S21 FE販売にも悪影響

だが、Galaxy S22が年末に発売される場合、Galaxy S21 FEの新作効果が短くなり販売量に悪影響を与えかねない。業界関係者は「新製品の発売間隔や占有率管理の側面からみるとGalaxy S22は前作と同じように来年1月発売される可能性が高い」と話した。

一方、Galaxy S22は前作と同様、3種類のモデル(基本形、プラス、ウルトラ)で発売されるものと予想される。アプリケーションプロセッサ(AP)は地域によりサムスン電子の新作である「Exynos(エクシノス)2200」とクアルコムの「Snapdragon(スナップドラゴン) 895」がそれぞれ搭載される見通しだ。ウルトラモデルには前作と同じように後面に1億800万画素の広角レンズと1200万画素の超広角レンズなどクアッド(4)カメラモジュールが搭載されるものとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Galaxy S22早期登場? アップルに対抗しようとして「カニバリゼーション」懸念

    2021.09.10 14:14
    뉴스 메뉴 보기
    Galaxy(ギャラクシー) S22の予想イメージ。[写真 レッツゴーデジタル]
    TOP