주요 기사 바로가기

アフガン女性、SNSで伝統衣装デモ…「タリバン、私の服に手を触れるな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.14 14:59
0
イスラム武装組織タリバンのアフガン掌握以降、女性の衣服に対する弾圧が続いている中、アフガニスタン女性が伝統衣装を着用した写真をソーシャルメディア(SNS)にシェアしてこれに抵抗している。

14日、ツイッターなどSNSでハッシュタグ「#DoNotTouchMyClothes」で検索すると、アフガン伝統衣装に身を包んだ女性の写真を多数投稿されている。

これらの女性はエキゾチックな模様やカラフルな色でそれぞれ個性を表現した衣装を着ている。ネックレスやイヤリング、ヘア装飾など華やかなアクセサリーで飾った様子も目に入ってくる。帽子をかぶったりスカーフとみられる布を羽織ったりしている女性もいたが、顔を隠している様子は見られなかった。

千篇一律な青い布で作られ、目を含む全身を覆うブルカや目以外を覆うニカブとは全く違う。

アフガンにいる女性はもちろん、男性や子供、海外に住むアフガン人もSNSを通してデモに参加している。デモ参加者は「ブルカやニカブではなく、これこそが私たちの衣装」としながらタリバンに抵抗した。

このようなキャンペーンは最近タリバンを擁護する女子大生のデモに対する反対として始まったとCNNなど外信は報道した。

カブールのシャヒード・ラッバニ教育大学に所属する女子大生数百人は11日、黒のブルカやニカブ姿でタリバンの旗を振って擁護デモを行った。これに対して、タリバンが参加者に対して圧迫を加えたかどうかに関心が集まった。

アフガン・アメリカン大学の元歴史学教授であるバハール・ザラリさんは翌12日、ツイッターに「私はアフガンドレスを着た。これがアフガン文化」として華やかな伝統衣装を着た写真を公開した。

ザラリさんは黒いブルカの写真もシェアしながら「アフガンの歴史上、このような服を着た女性はいなかった。これはアフガン文化とは完全に異質なもの」としながら「タリバンが広める誤った情報を伝え、教育するために伝統服を着た写真を掲載する」とした。

その後、ザラリさんのツイートがオンラインでシェアされてハッシュタグデモにつながった。

タリバンは先月15日に20年ぶりにアフガンを掌握した後、女性人権を尊重すると公式宣言した。しかしタリバンの女性弾圧は外信を通じて繰り返し報じられている。

タリバン教育当局は最近、私立大に通う女性に首からつま先までを隠す黒い服「アバヤ」を着て、ニカブを使うように命令した。

タリバンはブルカを着用していない女性を路上で銃殺したり、アフガン政府で高位職警察を務めていた女性を集団殴打したりしていた事実が伝えられた。最近では妊娠8カ月の女性を家族が見ている前で殴打して殺害したという主張も提起された。

タリバンは1996年から5年間、アフガンを統治した当時、イスラム律法である「シャリーア」を強力に適用して女性の教育と就労を厳格に統制した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP