주요 기사 바로가기

中国、半導体ウエハー生産能力で今年日本抜き世界3位の見通し

ⓒ 中央日報日本語版2021.09.14 11:30
0
世界の半導体生産能力ランキングで中国が今年日本を抜き、台湾、韓国に次いで3位に上るとの見通しが出された。

半導体分析機関のセミダイジェストは13日、最近の中国の半導体産業発展動向を眺望した報告書で、市場調査会社ICインサイツの資料を引用しながら今年の半導体ウエハー生産能力で中国が日本を抜き3位になると予想した。

昨年末基準で世界の半導体ウエハー生産能力の割合は台湾が21.4%で最も高く、次いで韓国が20.4%、日本が15.8%、中国が15.3%の順だったが、中国が半導体投資を急速に進めていることから日本と中国の順位が入れ替わるという見通しだ。

ただ中国の半導体産業は急速な量的成長を繰り返しているが、技術水準は依然として米国、韓国、台湾との格差が大きいと評価される。中国はシステム半導体分野でまだ回路線幅が微細な最先端半導体を本格的に量産する水準に至っていないという。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、半導体ウエハー生産能力で今年日本抜き世界3位の見通し

    2021.09.14 11:30
    뉴스 메뉴 보기
    米テキサス州オースティンにあるサムスン電子オースティン半導体工場。[写真 サムスン電子]
    TOP