주요 기사 바로가기

「中共軍美化論争」の中国映画、韓国での上映中止…「輸入会社が断念」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.09 07:55
0
韓国戦争(朝鮮戦争)当時に南侵した中共軍を美化しているとして論争が持ち上がった中国映画『1953金城(クムソン)大戦闘』(原題『金剛川』)の韓国上映が中止になった。

8日に開かれた国会文化体育観光委員会全体会議で黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官は「(輸入会社側が)等級分類を断念して上映できない」と説明した。

該当の映画が題材にしている金城の戦いは韓国戦争当時の1953年6月~7月江原道(カンウォンド)一帯で起きた国軍(韓国軍)と中共軍の間の戦闘だ。この戦闘では国軍でも1万人を超える死傷者および行方不明者が発生した。

映像物等級委員会(映等委)が先月、該当の映画を「15歳以上観覧可」等級に分類した事実が伝えられて論争に火がついた。中国の立場から当時の中共軍を英雄的に描写した映画の国内流通許可は適切なのかという理由からだ。この日の文体委会議でも該当映画の上映許可適切性などに対して指摘が続いた。

当時、映等委側は「映像の題材または内容などを理由に該当映像物の等級分類を保留にしたり拒否したりすることは、憲法で禁じられている事前検閲に該当し、現行の法律で許容していない」と説明した。

この日、黄長官は「映等委は等級分類をするところなので分類をし、ビデオ用として分類された」とし「ところで当事者(輸入会社)がこれを負担に感じたのかどうか分からないが撤回した」と説明した。

該当映画の輸入会社側は映画等級分類の取り下げを申請したという。取下申請は別途の手続きなく受理され、これに伴い該当映画は韓国内での配給が不可能になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「中共軍美化論争」の中国映画、韓国での上映中止…「輸入会社が断念」

    2021.09.09 07:55
    뉴스 메뉴 보기
    中国映画『金剛川』(韓国題名『1953金城(クムソン)大戦闘』)のスチールカット。[写真 インターネット キャプチャー]
    TOP