주요 기사 바로가기

WHO「コロナ根絶の可能性は非常に低い…変異株が出続ける」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.09 07:44
0
世界保健機関(WHO)が7日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)は、インフルエンザのように変異し続け、根絶の可能性は非常に低いという立場を示した。これまで、このような暗い見通しは専門家の間で出ていたが、WHOがこれを公式に認めたわけだ。

CNBCによると、マイク・ライアンWHO緊急対応チーム長はこの日、マスコミ会見で、「新型コロナはワクチン接種があまり進んでいない国で変化し続けており、これを根絶しようとする以前の希望が減り、新型コロナは我々の側に留まる可能性が高い」と述べた。

ライアンチーム長は「いつか、我々がこのウイルスを除去したり、根絶させると言う人達がいたが、その可能性は非常に、非常に低い」と強調した。

チーム長は新型コロナがインフルエンザのように進化すると予想した。「この(新型コロナ)ウイルスは、我々の側に留まるためにここにいると考える」とし「これはインフルエンザの大流行ウイルスのように進化し、我々に影響を与える他のウイルスの1つとして進化するだろう」と述べた。

新型コロナウイルスは変異を重ね、これまでWHOが指定した「懸念される変異株」はアルファ・ベータ・ガンマ・デルタの4種、「注目すべき変異株」はイータ・イオタ・カッパ・ラムダ・ミューの5種だ。変異が新型コロナワクチンの効能を下げたり、ワクチンを打っても感染する「ブレイクスルー感染」の事例が出たことから、ワクチンが新型コロナ撲滅を保証するのは困難という見方が出た。

以前より、アンソニー・ファウチ米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長は、「新型コロナがインフルエンザのように季節性の疾患になる」と予測しており、ワクチンメーカーモデルナのステファン・バンセルCEOは「我々は永遠に新型コロナと共に暮らさなければならないだろう」との見解を示した。

WHOのグローバル発症対応ネットワーク議長のデール・フィッシャー・シンガポール国立大学疫学教授は6日、中央日報とのメールによるインタビューで、「新型コロナが世界的にエンデミック(Endemic、風土病)になるということには異論がないだろう」と述べた。

「新型コロナは消えない」という見方が強まり、新型コロナ対応方針をいわゆる「ウィズコロナ(With corona)」に移行する国が増えている。新型コロナを「エンデミック」に切り替え、インフルエンザのような重症患者のみ管理し、新型コロナ以前の水準に日常を回復する方針だ。

ただし、専門家は、非常に高い新型コロナワクチン接種完了率と低致命率、感染者と重症患者の急増がなく安定した状況などが「ウィズコロナ」の前提条件と助言する。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科金宇柱(キム・ウジュ)教授は「変異株の影響で、ワクチンが期待ほどの「ゲームチェンジャー(game changer)にはなれずにおり、新型コロナはインフルエンザとは異なって長期の後遺症を訴える人が多いため、治療剤の確保も重要」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    WHO「コロナ根絶の可能性は非常に低い…変異株が出続ける」

    2021.09.09 07:44
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP