주요 기사 바로가기

韓国国民10人中7人「『ウィズコロナ』転換に賛成…11月末が妥当」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.07 14:04
0
韓国国民10人中7人が「日常の中のコロナ」(ウィズコロナ)への転換に賛成していることが明らかになった。

保健福祉部中央事故収拾本部は、先月30日から3日間にわたって成人男女1000人を対象に実施した新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対国民認識調査第6回の結果を7日発表した。

「ウィズコロナ」への転換に同意するかどうか尋ねる質問項目で、回答者の20.2%は「非常に賛成する」、53.1%は「概して賛成する」を選び、合計73.3%が「ウィズコロナ」に賛成していることが分かった。

 
「ウィズコロナ」への転換時点としては「11月末に国民の70%以上が2次接種が完了すれば適用するのが妥当だ」が52.4%で過半を占めた。「9月末に国民の70%以上1次接種が完了すれば適用するのが妥当だ」という回答は30.3%となった。「今適用するのが妥当だ」は14.3%だった。

日常生活が可能な新規感染規模は「一日平均100人未満」を選んだ比率が41.9%で最も高かった。

中央事故収拾本部はこのような質問の結果に関連して「事実上、新型コロナ感染者を最大限に抑制してこそ達成可能な水準」としながら「現在英国や米国などで行っている日常回復の方向性とは違った認識」と評価した。

あわせて「今後段階的に日常を回復する方案を議論する時、あわせて考慮に入れなければならない部分だと判断できる」と付け加えた。

新型コロナ抑制に向けた防疫規則遵守強化に同意するかどうかについては「同意する」という回答が75.9%で3~7月に実施された第1~5回の認識調査の中で最も低かった。反対に「同意しない」は7月に比べた7.5%ポイント増となる21.9%で過去の認識調査で最も高かった。

今回の認識調査は韓国リサーチが実施し、標本誤差は95%信頼水準で±3.1%ポイントだ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国国民10人中7人「『ウィズコロナ』転換に賛成…11月末が妥当」

    2021.09.07 14:04
    뉴스 메뉴 보기
    大田(テジョン)中区の予防接種センターで医療スタッフが市民にファイザーワクチンを接種している。中央フォト
    TOP