주요 기사 바로가기

韓国銀行「欧米の景気は回復加速…日本は不振」

ⓒ 中央日報日本語版2021.08.30 10:09
0
米国と欧州など主要国の景気回復の流れが加速する中で日本は新型コロナウイルスの感染再拡大にともなう経済的衝撃で経済が振るわずにいるという見方が出された。

韓国銀行は29日にまとめた海外経済フォーカスの海外経済動向報告書で、米国経済は最近主要経済指標が交錯する姿を見せているが、雇用回復が早く進み堅調な成長を持続していると評価した。

6月に0.7%を記録した米国の前月比小売り販売は7月に入りマイナス1.1%とマイナスに転換したが、産業生産は同じ期間に0.2%から0.9%に増加傾向が速くなったと分析される。報告書は「今後米国経済が雇用改善傾向、蓄積された消費余力などに押され良好な回復の流れを継続するだろう」と予想した。

ユーロ圏もやはり新型コロナウイルスワクチン接種が拡大し防疫措置も大きく緩和され回復の流れが速くなっていると診断した。1-3月期にマイナス0.3%にとどまったユーロ圏の経済成長率が4-6月期には2.0%まで上がり、当初予想の1.4%を上回ったと説明した。

これに対し日本経済は新型コロナウイルスの感染再拡大に対応した防疫措置持続などで回復の流れが弱かったと指摘される。日本政府は来月12日まで東京都と大阪府など13地域を午後8時以降の営業制限が適用される緊急事態宣言地域に指定した状態だ。報告書は日本の経済見通しに対し「対外需要が堅調な中でワクチン接種加速化などにともなう消費改善に力づけられ緩やかな回復の流れを見せるだろう」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP