주요 기사 바로가기

【社説】手ぶらで帰国、ずさんな契約、荒唐無稽なワクチン約束=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.19 11:12
0
新型コロナウイルス感染者が毎日2000人台まで増え、ワクチン供給に問題が繰り返し発生すると、韓国政府代表団が先週米国のモデルナ本社をあたふたと訪問し何か問題を解決したかのような姿を見せた。しかし手にできる成果を得られないまま帰国したが、釈明過程で韓国政府がこれまで隠してきた恥部が明らかになった。当初からワクチン契約が不十分で、具体的対策も提示できないのにも韓国政府は荒唐無稽な約束を乱発し続けている。

韓国政府代表団は一昨日に訪米協議結果としてモデルナが8~9月に供給量を拡大し、9月初めの早期供給に最善を尽くすことにしたと発表した。だがモデルナから時期と量に対する確約もなく、「早く多く送るよう努力するという約束を受けた」という言葉だけ繰り返し、手ぶら帰国という指摘を受けている。

ワクチン初期戦略が失敗したという指摘を受けると、韓国政府は昨年末「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が直接モデルナの最高経営責任者と通話し、4000万回分を繰り上げて供給することにした」として成果を誇示した。だがモデルナのワクチンは4回にわたり納品がずれこみ、最近まででようやく6%の供給にとどまった。月別・四半期別にワクチンがどれだけ入ってくるのか契約内容を公開しろとの怨声が激しくなると政府は「秘密保持契約のため明らかにできない」と言い逃れた。

だが米保健福祉省がホームページに公開した契約書を見ると、契約規模、供給量、単価が公開されており、時期別の納品量も入っている。欧州連合(EU)がアストラゼネカと結んだ供給契約書にも月別の供給量が含まれている。

ところが韓国政府がモデルナと結んだ契約書には月別・四半期別でどれだけ供給するのかを明示していなかったことが明らかになり、ずさんな契約という批判を受けている。韓国政府が屈辱的な契約を締結しながらも問題が明らかになるかと思い秘密保持契約という言い訳を掲げ嘘で国民を欺いたという疑惑も提起される。

このようにワクチン需給の不透明性は相変わらずなのに青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官はきのう、「文大統領が光復節の祝辞で明らかにした『国民の70%の10月接種完了』という目標は既に確保したワクチンで可能だ」とまた大きなことを言った。当初の11月から10月に目標時期を1カ月繰り上げて不可能な約束を乱発したという指摘を受けたが、依然として具体的な代案も提示せず疑問だけ膨らました。

ワクチンは万能薬ではないが、この6週間毎日4桁の感染者があふれる状況で国民が信じて頼れるものはワクチンが事実上唯一だ。政府はワクチンの失敗を手の平で隠そうとしてはならない。実状を正確に知らせないで荒唐無稽な約束ばかり乱発すればこれもまた明白な職務放棄だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】手ぶらで帰国、ずさんな契約、荒唐無稽なワクチン約束=韓国

    2021.08.19 11:12
    뉴스 메뉴 보기
    疾病管理庁の鄭銀敬庁長と保健福祉部の姜都泰第2次官が6月16日に国会で開かれた保健福祉委員会全体会議に参加し対話している。ワクチン戦略失敗に続きずさんな契約、荒唐無稽な約束が指摘された。[中央フォト]
    TOP