주요 기사 바로가기

【コラム】東京五輪ボイコットしていたら逃していた教訓

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.16 10:00
0
物議も問題も多かった東京オリンピック(五輪)が終わった。コロナ・パンデミックの余波のため、がら空きだった観覧席は残念だった。しかし、世界中から来た代表選手の技量ががら空きだったわけではなかった。「より速く、より高く、より強く」という五輪のスローガンのように渾身の力を尽くす選手たちを見て、悲喜の共感を分かち合った。人類の体育大会は反則のない公平な世界、興奮の勝敗さえ泰然と共存する美しさを世界に知らしめてくれた。

大韓民国の参加をめぐり論争があった。私たちの国土、独島(ドクト、日本名・竹島)を五輪のホームページに日本の領土として表示する策略が直接的原因だった。来年3月の大統領選挙に出ようとしている与党圏の予備選挙候補者たちが東京五輪ボイコットを主張したのだ。世論調査で1位を維持する候補者と首相出身の候補者を含むためだ。

韓国と日本は相互間に嫌悪感と否定意識が存在する。互いに認知不協和(cognitive dissonance)の居心地の悪い存在だ。社会心理学者フェスティンガー(Festinger)によると、人間は認知的にリラックスしてバランスのとれた状態の認知的均衡(cognitive balance)を維持しようとする。したがって、人間の内的状態、人間と人間、人間と現象(イシュー)の関係で調和を壊す状況が発生し、心理的に不安定な状態になると、この不協和をなくして快適な状態を維持しようとするということだ。この理論が発表された1957年以来、数多くの後続研究が不協和を解消することができる様々な方案論議と活用に貢献した。

しかし、大韓民国の国民にとって、日本との認知不協和の解消は容易なことではない。帝国主義の日本の侵略で経験した痛みが生々しく残っているためだ。悪辣な日帝植民地統治から脱することは、祖国の独立と解放だった。

「その日が来たら その日が来たら/三角山ができて 軽やかに舞など踊り/漢江(ハンガン)の水がひっくり返ってほとばしる その日が/この命が途切れる前にさえ来てくれれば/私は夜空を飛ぶカラスのように/鍾路(チョンノ)の鐘に頭を打ち付けて鳴り響かせよう/頭蓋骨が割れて粉々になっても/喜んで死のう むしろ何の心残りが残ろうか/(中略)〔沈薫(シム・フン)の『その日が来たら』〕

詩人の絶叫を共有する韓国国民の情緒上、東京五輪のボイコットのような尖った主張が耳にすっと入りやすいのは必然的だ。日本政府や政治家が国内政治用に韓国人の気持ちを逆なでする挑発的な発言や無理な主張を止めないのも不協和を煽る。

これからは、不協和に対する扇動的解決策から抜け出すべき時だ。遠くに行くこともない。今回の五輪で大韓民国の若者たちが見せてくれた自信と自尊心から学べばいい。決勝戦で9分35秒の血闘の末に惜敗しても勝者の日本選手の手を掲げた柔道のチョ・グハム選手の毅然とした態度、「コリア・ファイティング(ファイト)」の叫びで東京を揺るがしたアーチェリーのキム・ジェドク選手の切実な勝負欲、「やってみよう、後悔せずに」とワン・チームを成し遂げた金軟景(キム・ヨンギョン)選手のポジティブなリーダーシップ。ノーメダルの悔しさより韓国新記録樹立に喜び、明日に備える力を得たという走高跳のウ・サンヒョク選手の幸福感、3日食べ、3日寝て世界大会に備えるという体操・跳馬のシン・ジェファン選手の飾り気のない率直さ。韓国の若者たちは、不協和が宿命的な勝敗に劣らず、勝利のための過程で流した汗の貴重な価値を教えてくれた。新たな世代・価値・文化の登場で、変化だった。国民は熱狂した。

昨日は、日本への不協和がさらに顕著になる光復節(解放記念日)。しかし、今、私たちのためにその不協和を破るべき時だ。水と油の関係の韓日関係をボイコット、土着倭寇、竹槍歌のような閉鎖的民族主義を刺激する言葉で行き止まりの路地に追いやるのを止めるべきだ。「五輪ボイコット」をしていたならば、6個の金メダルのうち5個を獲得し、女子団体戦9回連続金メダルを獲得というアーチェリー神話が誕生することはできなかった。出身校や出身地のコネ、過去と権威、利己と独占、自分の味方と相手の味方ではなく、ひたすら「実力」だけが国家代表になることができるように制度を改善してきたアーチェリーに学べばいい。韓国選手たちが見せた自信と努力に対する充足感と自尊心、正々堂々とした競争を保障する公正なシステムから知恵を得なければならない。特に、与野を問わず既に泥沼の争いを始めている大統領選挙の予備候補が肝に銘じなければならない。

金政起(キム・ジョンギ)/漢陽(ハニャン)大学名誉教授・コミュニケーション学

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】東京五輪ボイコットしていたら逃していた教訓

    2021.08.16 10:00
    뉴스 메뉴 보기
    【コラム】東京五輪ボイコットしていたら逃していた教訓
    TOP