주요 기사 바로가기

「旭日旗禁止」真実攻防…韓国「IOC、文書で約束」vs日本「事実ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.09 17:43
0
国際オリンピック委員会(IOC)が競技場で旭日旗を禁止すると文書で約束したという李起興(イ・ギフン)大韓体育会長の発表を日本が否定した。

東京スポーツが9日に明らかにしたところによると、東京五輪組織委員会の武藤敏郎事務総長は記者会見で、「IOCに事実確認したところ『今までのスタンスと何ら変わっていない、すなわちケースバイケースで判断する』と明らかにした。(IOCが)禁止すると言ったことは事実ではない」として李会長の主張に反論した。こうした立場を9日午前中に韓国側に通知したと付け加えた。

これに先立ち李会長は8日に東京で記者会見を行い、「スポーツ外交の大きい成果なら今後競技場で旭日旗を使えないようにIOCから文書で約束を受けたこと」と話した。

大韓体育会が「李舜臣(イ・スンシン)垂れ幕」を取り下げて約束を受けたのが「旭日旗使用禁止」だった。大韓体育会は東京五輪開幕を控え選手村に「臣にはまだ5000万国民の応援と支持があります」と書かれた垂れ幕を掲げた。IOCが「政治的宣伝を認めない」という五輪憲章50条違反を挙げ撤去を要請し、大韓体育会は「競技場内での旭日旗使用にも同じように適用する」という約束をIOCから受けたと明らかにし垂れ幕を撤去した。

5日にはスポーツクライミング男子ボルダリングの第3課題で旭日旗を形象化した構造物が登場した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「旭日旗禁止」真実攻防…韓国「IOC、文書で約束」vs日本「事実ではない」

    2021.08.09 17:43
    뉴스 메뉴 보기
    旭日旗
    TOP