주요 기사 바로가기

「セクハラを一方的に報道」…ソウル市前市長の遺族、死者名誉毀損訴訟を推進

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.28 15:24
0
故・朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長の遺族が一部メディアが被害者女性の一方的な主張をまるで客観的に確定した事実のように表現しているとし、死者名誉毀損罪の訴訟を推進すると発表した。

朴前市長の遺族の法的代理人チョン・チョルスン弁護士は28日、フェイスブックに朴前市長の妻カン・ナニ夫人と電話で話したと発表した。

チョン弁護士は電話で「こうだからOOO記者を朴前市長の死者名誉毀損罪で告訴した方が良い。しかし、死者名誉毀損罪は遺族が告訴を提起しなければならないが、大丈夫か。もちろん容易ではないことで、結果もどうなるか分からないため、非常につらい思いをするかもしれない」と述べた。

これに対し、カン夫人は「いつかその時が来るだろうと思って待っていた。チョン弁護士がやろうというならやる。信じている」と答えた。

チョン弁護士は「感謝する。このように快く同意してくださって、心が軽い」とし、カン夫人は「チョン弁護士の働く姿が、我が夫の若かりし頃のようで、信じられる」と述べた。

また、チョン弁護士は「朴前市長は一度も敗訴したことないという言葉があるほど優れた弁護士だった。きょう、(カン夫人に)大変な賛辞を頂いた」と述べた。

チョン弁護士は26日、報道に関して「朴前市長は秘書室の職員を相手に性暴行を犯し、加害者が明白になり、どんな行為があったのか確認された状況だが」という内容を問題視した。

チョン弁護士はこのような内容を共有し、「朴元淳前市長が性暴行を犯し、それが明白になっただろうか。どんな行為があったか確認された?OOO記者は、被害者女性側の一方的な主張をまるで客観的に確定した事実のように表現していた。これは、虚偽を流布し、故人の名誉を毀損する行為、すなわち死者名誉毀損罪になり得る行為」と指摘した。

また、「よい機会だ。これを機に朴元淳前市長が果たして性暴行を犯し、その事実が明白になったのか、一度十分に検討しなければならない。OOO記者に対する刑事告訴調査・刑事裁判を通じてだ」と述べた。

朴前市長は、昨年7月8日、元秘書へのセクハラの疑いなどで提訴された。朴前市長は翌日遺体で見つかり、朴前市長の死亡によりセクハラ提訴は公訴権なしで終結した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP