주요 기사 바로가기

韓経:TSMCも手に余るのにインテルまで…コーナーに追い詰められるサムスン電子「超緊張」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.28 10:07
0
何よりクアルコムがファウンドリー業界で持つ象徴性は大きい。インテルはスマートフォンの頭脳の役割をするアプリケーションプロセッサ(AP)「スナップドラゴン」シリーズなどを設計・販売する売り上げ基準で世界1位の通信チップファブレスだ。生産工場を持たずファウンドリー企業に生産を任せ、アップル、AMD、エヌビディアとともにファウンドリーの大口顧客だ。サムスン電子とTSMCに任せる量が年間5兆ウォン相当以上という。インテルがこの日「クアルコムをファウンドリー最初の顧客として確保した」と宣言できたのは、2024年に生産開始、2025年からの本格量産を宣言した2ナノメートル級半導体プロセス技術の「インテル20A」の影響と分析される。

主要顧客であるスマートフォンメーカーと家電、ゲーム機メーカーもチップのサイズが小さくなれば残りのスペースにより多くの機能を盛り込むことができ利益だ。スマートフォンメーカーなどに半導体を納品するアップル、クアルコム、エヌビディアのようなファブレスがファウンドリーの最新工程に委託生産を任せる理由だ。

現在5ナノメートルプロセスが主力であるサムスン電子、TSMCは次世代プロセスである3ナノメートルプロセスで覇権を取るために激しい競争を行っている。開発速度が遅れるだけに顧客が離れて行く可能性が大きいためだ。こうした状況でインテルが「2025年に2ナノメートル製品を量産でき開発も終えた。クアルコムを顧客として確保した」と宣言すると既存の企業は衝撃を受けた。

◇米国顧客の追加確保の困難加重

米国にファウンドリー工場建設を推進中のサムスン電子としてはインテルのファウンドリーのクアルコム誘致は痛恨の知らせだ。最も大きい外部顧客の1社であるクアルコムからの発注がインテルに分散するほかないからだ。米国にファウンドリー増設を推進している状況で、ややもすると工場を作っておきながら遊ばせてしまう最悪の状況に備えなければならない可能性も生じた。

過去の痛恨の経験もある。サムスン電子は2012年12月に「39億ドルを投じてオースティンにファウンドリー工場を増設する」と発表したが、当時の主要顧客だったアップルがTSMCに発注をシフトしたため苦境に立たされた。インテルが「自国の半導体育成」に言及し米国の顧客誘致に力を注いでいるのも負担要因だ。

世界1位のファウンドリー企業TSMCの動きも尋常でないとの評価が出ている。TSMCはアップルなど顧客と3ナノメートルプロセス試作品の生産に入ったという。パッケージング技術力が優れた日本企業との協力も強化している。業界関係者は「世界の半導体覇権競争が国同士の対決と合従連衡で複雑に展開する状況でサムスン電子だけ孤立している」と懸念する。 韓経:TSMCも手に余るのにインテルまで…コーナーに追い詰められるサムスン電子「超緊張」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP