주요 기사 바로가기

連絡ルートの復元に…北朝鮮「南北首脳、最近数回にわたって親書交換」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.27 12:02
0
北朝鮮は27日、挫折と停滞状態に陥った南北関係が一日も早く回復することを切に願うと明らかにした。

朝鮮中央通信はこの日「今、全同胞は挫折と停滞状態に陥った南北関係が一日も早く回復することを切に願う」とし、これに関連して文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮朝鮮労働党総書記が最近数回も親書をやりとりしたと伝えた。

通信は「南北首脳は最近、数回にわたってやりとりされた親書を通じて、断絶された南北通信連絡ルートを復元することでお互いに信頼を回復し、和解を図る大きな一歩を踏み出すことで合意された」と報じた。

また、「首脳の方々の合意により、南北双方は7月27日10時からすべての南北通信連絡ルートを再稼働する措置を取った」として「通信連絡ルートの復元は南北関係の改善と発展に肯定的に働くだろう」と説明した。

パク・スヒョン青瓦台国民疎通首席は緊急ブリーフィングを通じて、この日午前10時からこれまで断絶されていた南北間通信連絡ルートを復元することにしたと発表した。

北朝鮮が昨年6月9日、一部の脱北団体の北朝鮮向けビラ散布に反発して板門店チャンネルをはじめ、南北間すべての通信連絡ルートを一方的に切って413日ぶりだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    連絡ルートの復元に…北朝鮮「南北首脳、最近数回にわたって親書交換」

    2021.07.27 12:02
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領(右から2番目)と金正恩北朝鮮朝鮮労働党総書記(左から2番目)が2018年4月27日、南北首脳会談で韓半島の平和と繁栄、統一に向けた板門店宣言文に署名している。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP