주요 기사 바로가기

「金正恩氏、たばこは良くない」の直言に、妹・金与正氏は凍りつき妻・李雪主氏は相づち

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.15 08:17
0
2018年米朝間接触が行われた当時、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長は「兄さん」という呼称を使わず終始一貫して丁重な態度だった反面、正恩氏の夫人・李雪主(リ・ソルジュ)氏は「私の夫」と称してリラックスした様子だったと、ワシントン・ポスト(WP)副編集者ボブ・ウッドワード氏が新しい著書『Rage(激怒)』で伝えた。

ウッドワード氏は2018年5月初め、マイク・ポンペオ米国務長官の2回目の訪朝エピソードを紹介した。晩餐の席で、正恩氏がたばこに火をつけるところを見たアンドリュー・キム中央情報局(CIA)コリア・ミッションセンター長が健康に良くないと話した。

親密さの表れとして聞いてくれるだろうと思って話した言葉だったが、その瞬間、同席していた金与正氏と金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長は凍りつき、ほぼ麻ひしたような姿で正恩氏の反応を待ったという。北朝鮮体制で正恩氏にそのような形で話す人はいないためだった。

ところが李雪主氏が沈黙を破った。「その通りだと思う。私も喫煙のリスクについて夫に話してきた」と話して助け舟を出したという。李雪主氏は2018年4月の板門店(パンムンジョム)南北首脳会談後の晩餐でも、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の夫人・金正淑(キム・ジョンスク)氏に「夫の仕事がうまくいくように願う私たちの心も同じなのでうれしい」と話して話題を集めた。

ウッドワード氏は「核心の質問は、誰が本当に金正恩に影響力を持っているかということだった」とした。

与正氏は晩餐で正恩氏を「偉大な指導者」「最高指導者」などと呼んで謙虚な態度で一貫したが、キム氏はこれが規律を反映している可能性があると判断したとウッドワード氏は伝えた。

ウッドワード氏は金与正氏と李雪主氏の対比が非常に驚べきものだとも表現した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「金正恩氏、たばこは良くない」の直言に、妹・金与正氏は凍りつき妻・李雪主氏は相づち

    2020.09.15 08:17
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長
    TOP