주요 기사 바로가기

中国官営メディア「新型コロナ米軍実験室の調査要求後、米IPから攻撃」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.26 10:02
0
新型コロナの起源を明らかにするために「米軍実験室を調べるべきだ」と主張した中国ネットユーザーのオンライン署名サイトが複数の米国発IPアドレスから攻撃を受けたと中国官営メディア「環球時報」が25日報じた。

また、過去生物兵器プログラムを扱った米国のある軍基地実験室に対する疑惑も提起し、該当署名に参加することを促した。報道によると、署名サイトのサーバーが24日、サイバー攻撃を受けた。ただし、特別な被害はなかった。

最近、世界保健機関(WHO)事務局長が新型コロナの起源に関する追加調査に中国のウイルス実験室を含めるべきだと明らかにすると、中国のネットユーザーは署名投稿で米軍のフォート・デトリック実験室も調査に含めてほしいとWHOに求めた。

これに先立って、中国武漢にある武漢ウイルス研究所で新型コロナウイルスが流出したかもしれないという疑惑が増幅された。

環球時報は論評で、今回のサイバー攻撃を「強力に糾弾する」と明らかにした。新聞は「サイバー攻撃に十分に備えて中国のネットユーザーの神聖な表現の権利を守るべきだろう」とし、まだ署名していない中国人が署名に参加することを促した。

また、新型コロナが米国で初めて発病して全世界にこれを広げたと疑われ、フォート・デトリック実験室の役割が特に怪しい」と主張した。

中国外交部も「武漢で新型コロナが発病し、中国が初期の対応に失敗してパンデミック(感染病大流行)を招いた」という米国の非難に対抗して、米国陸軍傘下のフォート・デトリック生物実験室に対する疑惑を継続して提起してきた。

中国メディアによると、フォート・デトリックは1969年以前の過去生物兵器プログラムの中心で、エボラ出血熱のような致命的病気を扱う所で、2019年7月米国疾病予防管理センターの命令で閉鎖された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国官営メディア「新型コロナ米軍実験室の調査要求後、米IPから攻撃」

    2021.07.26 10:02
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP