주요 기사 바로가기

【中央時評】文大統領の訪日見送り、その道しかなかったのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.23 13:53
0
大統領の東京オリンピック(五輪)に合わせた訪日計画が見送られ、政府任期内に韓日関係改善を模索する最後の機会が消えた。首脳訪問の準備が異見と暴言で綴られ、結局は実現しなかったため、その波紋は大きいはずだ。韓国は日本の硬直性と無誠意に憤慨し、日本は韓国が無理な要求で他国での祭りを混乱させたと憤慨するだろう。

五輪に合わせた訪日の件はこうなるしかなかったのか、教訓を得るためにもこのような経路が避けられなかったのか、他の経路はなかったか、落ち着いて振り返る必要がある。

当初、韓国は五輪を契機に訪日する意思を明らかにしながらも、首脳会談の格式と成果が担保されるべきだという立場を見せた。格式に関して韓国は正式会談を望み、慰安婦や徴用など過去の問題、日本の輸出規制、福島汚染水などで成果を出そうと考えた。その中でも輸出規制の撤廃に集中した。日本は一段落した過去の問題が韓国内の事情でまた浮上したため韓国が解決策を持ってくるべきだという従来の立場を堅持し、成果を期待しにくいため略式会談にしようと伝えた。

こうした中、駐韓日本公使の不適切な発言が出てきた。韓国は相応の措置を要求した。事実上、召還を求めたのだ。日本は発言が問題であることを認めたが、相応の措置はすぐに出さなかった。会談の格式と成果に対する日本の立場に変化はなく、問題の発言に対する日本側の対応速度も満足できない中、訪日に対する否定的な世論が高まると韓国は計画を見送った。

以上がその間の状況展開だ。この経路を振り返ると、自然にいくつかの考えが浮かんでくる。まず、韓国が提起した首脳会談の成果は、これまでの韓日の懸案攻防を勘案すると達成不可能に近いが、どうしてそれが目標に設定されたのかが気になる。例えば、徴用問題に関する韓国の解決策がなければ日本は輸出規制を譲歩しないというのは公開事実だ。今回の訪日のきっかけは基本的に五輪祝賀だが、首脳会談の成果目標をあまりにも高く設定し、状況が難しい方向に流れたのではないのかという気がする。

2つ目、輸出規制がそれほど重要な主題なのか疑問だ。日本の輸出規制による実際の被害は大きくない。日本が規制を積極的に適用したことはなく、我々が代替材を開発した点もあるからだ。輸出規制の撤廃より、むしろ「関係改善のための前向きな雰囲気形成」を重要な主題とみるべきではないのか。

3つ目、日本公使の問題発言に対する韓国の強攻は日本に迅速に問題を認めさせたが、首脳会談の格式と成果に関しては日本の否定的な態度を強める結果を招いたという印象がある。

なら、最初から我々が別の経路を選択していればどうだろうか。韓国が懸案に関連して新しい解決法を提示する立場になく、日本も従来の立場を変える可能性がない状況という点を認めれば、韓国の大統領が東京五輪に対処するオプションは2つのうち1つであるはずだ。一つは会談の成果が期待できないので大統領の訪問を推進しないことで、もう一つは最初から条件を付けずに五輪開会式に行くことだ。名分はいくらでもある。隣国の五輪に行って祝うのは普通で、安倍首相が平昌(ピョンチャン)を訪れただけに今回は韓国の大統領が行って祝うのが道理であり、韓国の選手団を激励する必要があると言えばよい。

我々が2つ目のオプションを選択して訪日し、3つの懸案などについて簡略な首脳会談をした後、後続の議論をする閣僚級対話チャンネルの開設に合意して帰るような接近をすれば、世論は悪化しないはずだ。安倍首相が平昌を訪問した際も成果の担保を我々に要求していないため、韓国の大統領が条件なく東京に行って五輪を祝い、軽い首脳会談で韓日関係の突破口を開き、新たな対話ムードをつくる程度の成果を出せば、世論の良い評価を受けるだろう。

しかしその道には進まなかった。我々は別の道を選び、もうこうなってしまった以上、今後のことに対応しなければいけない。すぐにも首脳会談見送りによって生じた冷たい気流を統制する必要がある。また我々が安倍首相の平昌五輪出席に答礼しない国として映ることになった負担をどう解決していくかも考えなければいけない。さらに来年初めには北京で冬季五輪が開催される。大統領は北京五輪に行く可能性が大きい。その時、韓国は中国に首脳会談の格式と成果をあらかじめ担保すべきだと要求せず、条件なしに行くだろう。なら、我々の大統領は東京五輪には行かず、北京五輪には行くということだ。韓国外交の原則と均衡をどう説明するのか苦心しなければいけない。

このように東京五輪に合わせた大統領の訪日を推進しながらも見送ったのは、我々に多くの課題を抱かせた。もう政府が任期内に韓日関係改善の転機を作ることはできないが、関係がさらに悪化しないよう管理すべき政府の責務はさらに重くなった。

魏聖洛(ウィ・ソンラク)/元韓半島平和交渉本部長/リセットコリア外交安保分科長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【中央時評】文大統領の訪日見送り、その道しかなかったのか

    2021.07.23 13:53
    뉴스 메뉴 보기
    韓日首脳
    TOP