주요 기사 바로가기

大阪で韓国文学マニアのための読書会開催

ⓒ 中央日報日本語版2021.07.22 12:02
0
韓国文学が好きな日本人読者のための読書会が翌月、大阪で開かれる。

大阪韓国文化院は8月7日と24日に「韓国文学カフェ」を開くと22日、明らかにした。参加者は韓国文学に詳しい帝塚山学院大学の稲川右樹准教授の作品解釈を聞き、本に登場する韓国語の一文章を習う時間にも参加できる。

7日には日本で50万部以上販売されて人気を得たキム・スヒョン作家のエッセイ『私は私のままで生きることにした』について語り合い、24日には50人が織りなす物語りを描いたチョン・セラン作家の長編小説『フィフティ・ピープル』を取り上げてディスカッションも行う。

大阪韓国文化院は9月にも「韓国文学の月」というテーマで展示会とトークイベントを開催する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大阪で韓国文学マニアのための読書会開催

    2021.07.22 12:02
    뉴스 메뉴 보기
    「韓国文学カフェ」のポスター[写真 大阪韓国文化院提供]
    TOP