주요 기사 바로가기

韓国与党代表「文大統領、日本の反対で論議を呼んだが…G8の役割を果たした」

ⓒ 中央日報日本語版2021.06.18 11:34
0
共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表は18日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領のG7サミット出席および欧州国家歴訪の成果について「世界的な先導国家への大韓民国の地位と国の品格をもう一度確認する契機になった」と評価した。

この日、宋代表は国会で開かれた最高委員会議で「G7に韓国を追加することに対して日本の反対で論議を呼んだが、米国・英国など主要国が文大統領を配慮する様々な姿の中で、事実上G8の役割を果たしたという評価を得た」と話した。

特に、「K防疫の成功を成し遂げた医療スタッフと国民の参加があったからこそ可能だった」とし「ワクチン・ハブ、デジタルグリーンニューディールの強国として位置づけられた」と説明した。

宋代表は「韓米首脳会談で確認したグローバルワクチンパートナーシップがもう一度ドイツ・英国との首脳会談を通じて欧州にまで拡大し共感が作られた」として「G7サミットに続いてスペイン・オーストリア、両国との関係を戦略的なパートナー関係に格上げした。小さくない外交的成果」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表「文大統領、日本の反対で論議を呼んだが…G8の役割を果たした」

    2021.06.18 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    宋永吉民主党代表
    TOP