주요 기사 바로가기

一人だけ「ディスタンス」中?…G7サミット「おいてけぼりの菅首相」日本で論争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.15 15:02
0
英国コーンウォールで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)を終えて日本に戻った菅義偉首相のG7現場「Bカット」写真が日本のツイッターなどSNSを通じて広がっている。そのほとんどは菅首相が参加国首脳の和気あいあいとした雰囲気に入り込むことができず、おいてけぼりを食らっているような姿が写された写真だ。

14日、毎日新聞によると、ツイッターにはG7の現場で撮影された首脳たちの写真が相次いで公開されている。11日(現地時間)、G7首脳が写真撮影を終わらせた後に移動する場面では、米国のジョー・バイデン大統領、フランスのエマニュエル・マクロン大統領などが談笑している中、菅首相は後からこれを見守っている。英国エリザベス女王との記念撮影後、各国首脳が女王を囲んで歓談している写真でも菅首相は後方で気まずい表情で立っている。

日本国内では「外交に弱い」という評価を聞いてきた菅首相が初めて出席する多国会議の舞台である今回のG7で存在感を発揮することができるか関心が集まっていた。菅首相もこれを意識したようにG7閉幕後、記者団に対して「私は最初の人付き合いが下手なほう」としながら「今回初めてサミットに出たが、非常に家族的だった」と話したと毎日新聞は伝えた。

菅首相は今回のG7で東京オリンピック(五輪)開催に対する主要国首脳の支持を獲得したことを成果として前に出している。

SNSでは各種反応がある。菅首相の写真に「国際的孤立感がある」「おいてけぼり」「一般人と違い、首相の立ち居振る舞いは批判の対象」など皮肉るコメントが多数だ。国際政治学者である法政大学の山口二郎教授はツイッターで、首脳に囲まれた文在寅(ムン・ジェイン)大統領と単独で後ろに取り残された菅首相の姿を強調した写真をリツイートしながら「こんな人物を指導者にしている己の非力を恥じたい」とコメントしたりした。

一方では「貶めすぎだ」という批判もある。「自分なら、この輪に入るのは無理」「知り合いがいない初の国際会議での孤立はある程度仕方ない」など、首相の気まずさを理解する声もあったと毎日は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    一人だけ「ディスタンス」中?…G7サミット「おいてけぼりの菅首相」日本で論争

    2021.06.15 15:02
    뉴스 메뉴 보기
    菅首相
    TOP