주요 기사 바로가기

聖地にならないように…日本A級戦犯の遺骨、墓地には埋めずに太平洋にまいた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.07 14:24
0
太平洋戦争が終わって極東国際軍事裁判で死刑判決を受けた東條英機ら日本A級戦犯7人の遺骨が太平洋にまかれたという記録が記された米国公文書が見つかった。これまで彼らの遺骨は太平洋や東京湾にまかれたと推測されていたが、米軍の公式文書で確認されたのは今回が初めてだ。

7日、東京新聞など日本メディアによると、日本大生産工学部の高澤弘明専任講師(法学)が米国立公文書館(NARA)を通じてこのような内容が記された米第8軍が作成した文書を入手した。

今回発見された文書はA級戦犯7人が処刑された1948年12月23日と49年1月4日に作成された2件の機密解除文書だ。当時現場責任者だったルーサー・フライアーソン少佐は「戦争犯罪人の処刑と遺体の最終処分に関する詳細報告」という題名で当時の状況を記録した。

文書によると、A級戦犯7人の死刑は1948年12月23日0時東京巣鴨刑務所で執行された。その後、彼らの遺体は第8軍が司令部を置いていた横浜に移送されて火葬された。火葬後に収拾された遺骨は第8軍の滑走路に運ばれた。フライアーソン少佐は「横浜の東の太平洋上空を約30マイル(約48キロ)地点まで連絡機で進み、私が遺骨を広範囲にまいた」と記している。

当時米軍は、A級戦犯の墓が作られて、その後日本人に崇拝されることを懸念して彼らの遺骨を遺族に返さずに処分する方針を立てた。A級戦犯処刑に立ち会った当時連合国司令部(GHQ)のウィリアム・シーボルト外交局長は、著書で「指導者たちの墓が将来、神聖視されることのないように、遺灰はまき散らすことになっていたと明らかにしたことがある。

該当の文書を入手した高澤氏は、当時の資料からB・C級戦犯も処刑後に海に散骨された可能性があると明らかにした。当時裁判所は侵略戦争を企画・開始・遂行した指揮部をA級戦犯、上級者の命令などにより拷問や殺人などを行った者はB・C級戦犯に分類した。朝鮮人148人も捕虜虐待などの容疑でB・C級戦犯に分類されて23人が死刑を受けた。

しかし戦犯の墓が立てられることを願っていなかった米国の意図とは違い、日本には彼らの墓が存在する。当時米国は遺骨が遺族の手に入らないように気を遣ったが、火葬場の作業者を買収した戦犯弁護人によって遺骨の一部が流出したことが分かった。日本右翼勢力はこの遺骨を運んで1960年愛知県西尾市三ヶ根山に「殉国七士廟」を作った。

日本政府は1978年10月、東京靖国神社にこれら7人に獄死した7人を加えた14人のA級戦犯を合祀し、その英霊を祀っている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    聖地にならないように…日本A級戦犯の遺骨、墓地には埋めずに太平洋にまいた

    2021.06.07 14:24
    뉴스 메뉴 보기
    太平洋戦争A級戦犯に指定されて絞首刑に処された7人の遺骨を奉安した愛知県三ヶ根山の「殉国七士墓」。中央フォト
    TOP