주요 기사 바로가기

韓国政府、5年間日本戦犯企業製品287億ウォン分を購入

ⓒ 中央日報日本語版2020.10.07 11:08
0
国会企画財政委員会所属の共に民主党のチョン・ソンホ議員が7日、韓国調達庁から受けた「年度別戦犯企業外資契約現状資料」を分析した結果、日本戦犯企業は過去5年間計287億ウォン(約26億円)分の物品を韓国政府に納品したことが分かった。

2015年以降韓国政府が日立・フジ・三菱など日本の戦犯企業8社の製品を購入した実績は141件、287億ウォンに達した。年度別では2015年21億ウォンから2016年27億ウォン、2017年47億ウォン、2018年84億ウォンに急激に増えて昨年不買運動の中で51億ウォンに落ちた。しかし、今年8月まで57億ウォンとすでに昨年年間購入額を上回った。

また、2015年から今年8月まで韓国政府が購入した日本製品は2372億ウォン分に達した。素材・部品・装備関連対策が推進されたが、依然として日本依存度を抜け出せずにいるとみられる。

チョン・ソンホ議員は「過去数回にわたる指摘にも政府の戦犯企業製品の購入価格が増えるのは問題」として「官民が一丸となって素材・部品・装備の国産化を加速する必要がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP