주요 기사 바로가기

韓経:「三重苦」に押しひしがれ…韓国の中小製造業者は「虫の息」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.07 10:19
0
油圧シリンダーメーカーのD社は先月の売り上げが普段の半分以下に急落した。棒鋼などに使われる鉄鉱石類の原材料供給が途絶えて工場稼動率が50%を割り込んだためだ。この会社の社長は「資金繰りが行き詰まっているのに数億ウォンに達する借入金の元金償還日まで到来しとても堪え難い状況」と訴えた。

ベンチャーブームとともに半導体や自動車の輸出実績が過去最高を更新するなど、景気回復の兆しがくっきりと現れている中で、中小製造業界が孤立無援の危機に陥っている。回復傾向の温もりが広がる前に原材料価格と海上運賃急騰、労働力難の三重苦に苦しめられているためだ。

鉄鉱石、原油、木材など、年初から本格化した原材料価格の上昇は中小製造業を締め上げている。高騰する海上運賃も中小製造業の競争力を弱めている。交渉力が弱い中小企業は製品価格に費用上昇分をほとんど反映できない状態だ。京畿道華城(キョンギド・ファソン)のある金型業者社長は「生産原価の65%を占めるプラスチック原料価格が昨年より30%上がり収益性悪化は避けられない。ここに最低賃金引き上げ、週52時間労働制などで労働力難を解決するのが難しい状況」と話す。

中小企業研究院によると、4月基準で従業員300人未満の中小製造業の就業者は351万1000人で、前年同月より1.7%減った。同じ期間に大企業製造業就業者が8.4%増加したのと対照的だ。中小企業が大多数である始華(シファ)や南洞(ナムドン)などの主要国家産業団地の稼動率は依然として適正稼動率の80%を下回る70%台初めだ。韓国銀行が集計した4月の中小企業向け銀行貸付残高は836兆3000億ウォンで、前年同月より11.2%増加し、16カ月連続で過去最高を記録中だ。

西江(ソガン)大学経営学科のイム・チェウン教授は「景気が改善されているというが、大企業と一部の1次協力企業が好況なだけで、2~3次協力会社は手に負えない状態。新型コロナウイルスの余波が去っていない上に、原材料価格と海上運賃上昇に、労働規制まで重なり、中小製造業の体力は急激に枯渇している」と診断した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP