주요 기사 바로가기

文大統領「韓米同盟の発展」 韓国野党代表「ワクチンスワップの失敗」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.27 08:51
0
122分間行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領と与野党代表の26日青瓦台(チョンワデ、大統領府)午餐会はそれぞれ違う方向で違う主張を展開して終わった。韓米首脳会談の成果を強調したい文大統領、懸案問題で文大統領に圧力をかけようとする主な野党代表の同床異夢で会合は空回りした。ある出席者は「全く和気あいあいでなかったし、各自話したいことだけを述べた」と伝えた。

会合には共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表、国民の力の金起ヒョン(キム・ギヒョン)代表権限代行兼院内代表、正義党の余永国(ヨ・ヨングク)代表、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)代表、開かれた民主党の崔康旭(チェ・ガンウク)代表が参加した。文大統領と与野党代表の会合は昨年2月26日以降1年3カ月ぶりだ。

文大統領は冒頭発言で「韓米同盟が包括的同盟に発展した」と述べた後、米国とのワクチン供給パートナーシップの構築や半導体・バッテリーなど核心産業のサプライチェーン協力の強化などの成果を説明し「国会の超党派的な協力を期待する」とした。

また、マイクを掴んだ金代行は「残念な気持ちと失望も大きい」とし「われわれのワクチンが確保できなかったのは極めて残念だ。国民はいつごろマスクを完全に外すことができるのか計画表を見せてほしいとおっしゃっている」と質問した。また「(青瓦台の)人事ラインを交代したほうが良い」「大統領選挙の公正な管理のために全海澈(チョン・ヘチョル)行政安全部長官・朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官、選管委常任委員を中立的人物に交代してほしい」と求めた。安代表も加勢した。「単に瓶に入れる水準の生産協議にとどまったが、技術移転まで行けるようにするのが大事だ」と話した。宋代表は「安代表が瓶に入れる水準に対する残念な気持ちを示したが、これは取りあえず始まりだ。私は技術移転になると考える」と反論した。

ワクチン問題をめぐり、会合の間、きわどい雰囲気が続いた。出席者によると、非公開懇談会が始まると金代行は「ワクチンスワップがなぜ実現できなかったのか」と尋ねたという。文大統領は「首脳会談の議題ではなかった」と答えた。

この過程で開かれた民主党の崔代表が「不安感を作る政治攻勢をするな」と主張し、金代行は「政治攻勢に貶めるな」として語調が高まったという。また、金代行が「ワクチンを委託生産するというが、国内にはどの程度入ることができるのか」と尋ねると、文大統領は「販売者が絶対的な優位にある契約」とし「サムスンとモデルナが契約したが、単に瓶に入れる水準だと言えば、サムスンはさびしいだろう」と述べたとある出席者は伝えた。金代行はこの日、批判の発言を続けて食事もほぼできなかったという。

文大統領は行政安全部・法務部長官交代の要求に対して「大統領が特定政党の所属だから不公正に選挙を管理したのはない。党籍を保有したからといって不公正だと考えるのは杞憂」と述べた。これを受け、金代行は会合後「非常に納得できない主張だ。3年前、蔚山(ウルサン)市長選挙事件で大統領が決して中立を守ったと見難い」として不快感を隠さなかった。

青瓦台が「調和」の意味をこめて午餐会のメニューとして準備したというビビンパの意味は結果的に薄められた。「与野党協議替を3カ月単位に定例化しよう」という文大統領の提案もうやむやになった。文大統領は韓米合同軍事演習に関しては「コロナでかつてのように大規模の対面訓練をすることは難しいのではないか」と述べた。台湾問題などが指摘された韓米首脳会談の共同声明が韓中関係に影響を与えるだろうという懸念に対して、文大統領は「中国と疎通している」とし「韓中間戦略的パートナー関係を継続しており、両国間には隔たりがない」と話した。習近平中国国家主席の訪韓に関連しては「時期などは決まっていない。引き続き協議しながら推進していく」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「韓米同盟の発展」 韓国野党代表「ワクチンスワップの失敗」

    2021.05.27 08:51
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が26日、与野党5党代表を青瓦台に招いて韓米首脳会談の結果を共有する午餐会を行った。左から開かれた民主党の崔康旭代表、正義党の余永国代表、共に民主党の宋永吉代表、文大統領、国民の力の金起ヒョン代表権限代行兼院内代表、国民の党の安哲秀代表。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP