주요 기사 바로가기

「韓国、ワクチンスワップの最適条件備えた」米政界訪れた2人の野党議員

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.20 15:16
0
「韓国は、ワクチンを保管して接種する能力の面で米国とワクチンを共有することができる最適の条件を備えているという点を強調した。一日に最大150万人に接種することができるため、完全に共有することができると話した」

国民の力ワクチン代表団として米国を訪問した朴振(パク・ジン)議員は18日(現地時間)、ワシントン特派員懇談会で、米国朝野の有力者に会い、韓国にワクチンを支援すべき理由をこのように説明したと述べた。

韓国は超低温保管しなければならないなど、管理が難しいファイザー・モデルナなどのmRNAワクチンを保管してスピーディーに接種することができ、韓米が効率よくワクチンの余裕分を共有することができるということだ。

朴議員は、同党のチェ・ヒョンドゥ議員と12日からワシントンDCを訪問し、韓国と米国間のワクチン関連の協力方案を模索してきた。

米政府、議会、シンクタンク、そして製薬業界の関係者らに会い、「米国の同盟の韓国が現在、ワクチン不足で苦境にあるため、ワクチンの供給速度を高めるためにワクチンスワップを行う案について討議した」と伝えた。

代表団は、米国の余分のワクチンをもらい受けた後、後でこれに対価を支払う「ワクチンスワップ」と韓国の生産能力を活用し、韓国をワクチンの大量生産基地にするハブ化を集中的に説明した。

朴議員は「韓米間の協力を通じて、グローバルワクチンハブを構築することができ、そうすべきだと考える」とし「米国と協力して、韓国がワクチンハブになれば、来年50億回分以上のワクチンの供給が可能になるものと考える」と述べた。

続けて、「短期的にはワクチンスワップを行うが、中長期的にはアジアのワクチンハブになってグローバルサプライチェーンの中心になることが望ましい国家戦略だと考える」と述べた。

両議員は、韓米首脳会談でワクチン協力と韓国のワクチンハブ化など具体的な合意に達することができるように、米国の朝野に幅広く呼びかけたと伝えた。米国側からワクチンスワップとワクチン製造ハブに関する肯定的な反応があったと述べた。

また、帰国後、国会に超党派機関の「新型コロナワクチンハブ特別委員会」を早急に設定することを提案する計画だと伝えた。チェ議員は「パンデミックの問題だけに、超党的に対処しなければならず、ワクチンのハブになろうとするには、莫大な予算を迅速に支援することが最も重要」と述べた。

両議員は、ソン・キム国務省次官補代行、民主党所属のアミ・ベラ下院外交委東アジア太平洋小委員会委員長など米政府や議会、シンクタンク、製薬業界、同胞社会の関係者に広く接触した。

朴議員はこの席で、米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国協議体のクワッド(Quad)への韓国の参加拡大が必要という見解を明らかにした。新型コロナや気候変動、核心技術ワーキンググループに参加してこそ、韓米同盟も十分に発展することができるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP