주요 기사 바로가기

【コラム】「メイド・イン・コリア」のワクチン完走しなくては

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.17 12:06
0
新型コロナウイルスのパンデミックが2年目に入り国民の主要関心事は「いつごろ国産ワクチンができるのか」に集まっている。世界的にコロナ累積感染者1億6000万人、死亡者330万人を超えた。私たちは仮想訓練を通じて準備された疾病管理庁の防疫管理体系と市民の秩序正しい協力のおかげで新型コロナウイルスの致命性を最小化しているが、米国だけでも60万人の死亡者を記録している。これは第1次・第2次世界大戦とベトナム戦争で死亡した米軍57万人を超える数値だ。

各国は新型コロナワクチン確保に総力戦を行う。現在アストラゼネカ(英国)、ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(米国)、スプートニクV(ロシア)、シノバック、シノファーム(中国)、コバクシン(インド)の8種類のワクチンが世界で承認され接種が進められている。世界の人口の15%に当たる12億人が少なくとも1回の接種を終えており、韓国は7%の接種率を記録している。

懸念された通り、強大国が処分に困るほどにワクチンを青田買いし、他の国々はワクチン確保に困難を経験している。危機状況では自国優先主義が広まるほかなく、ワクチンは金さえあれば解決できる問題ではないということを見せてくれる。ワクチンをまともに確保できなければ国民の命と安全が脅かされるだけでなく、国際交流でも孤立し経済的被害も深化する。

◇ワクチン供給網多元化しなくては

短期的にはパンデミック対処に向けたワクチン確保、中期的には国産ワクチン生産、長期的にはワクチン開発国のインフラ構築と維持が必要だ。いまはワクチン確保が急務のため既存の導入製品のほかにもスプートニクVワクチンとノババックスワクチンに注目すべきだ。韓国のSKバイオサイエンスで委託生産するノババックスのワクチンは保存が容易で、高い安全性、96%の予防効果、何より英国型と南アフリカ型の変異株に対しても優秀な効果を見せている。

スプートニクVワクチンは、アストラゼネカやジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンのように、ウイルスベクター基盤のワクチンだ。開発初期臨床データを公開しておらず不信を招いたが、予想外に92%の予防効果と特別な副反応もないことがわかり現在66カ国で承認された。世界初の人工衛星「スプートニクV」から命名されたことからもわかるようにロシアは自国の国際的な位置付けを誇示するため輸出に積極的だ。中国のワクチンは死滅したウイルスを利用するワクチンでコストが安く保存が容易だが、安全性と効能で他のワクチンに劣ると評価される。それでも最近世界保健機関(WHO)は疎外された開発途上国にワクチンを供給するため中国のシノファーム製ムワクチンを非常用として緊急承認した。

◇韓国5社、コロナワクチン臨床試験

中期的には1年以内に国産ワクチンを開発しなければならない。パンデミックは危機でありワクチン開発の機会だ。近く集団免疫でコロナが終息するのでワクチン開発は遅いと考えたならば誤算だ。新型コロナウイルス中和抗体の持続期間は6~10カ月とされ、コロナウイルスはインフルエンザのように季節性風土病として定着するものと予想される。

現在臨床試験の承認を受けたのはSKバイオサイエンス、セリッド、チンウォン生命科学、ジェネクシン、ユーバイオロジックスの5社だ。チンウォン生命科学とジェネクシンのDNAワクチンを除きすでに海外で許可されたワクチン製造法のため成功の可能性は高い。ほとんどが臨床第1~2相の段階だが、早ければ下半期にも臨床3相に入る製品があると期待される。

ただ韓国企業は臨床第3相試験と開発費用を克服しなくてはならないという難題がある。韓国は3万~4万人の志願者を対象に行う臨床第3相試験をしたことがない。海外臨床は現地医療陣と医療施設、政治的・文化的違い、現地臨床準備状況などをすべて検討しなければならない。韓国は海外臨床のノウハウを蓄積した経験がない。

しかし後発走者としての機会もある。すでに許可されたワクチンと比較して効能が劣らないかを確認する非劣等性試験で効能を評価すれば良いため、通常500~1000人の臨床試験志願者だけ確保すれば良い。韓国のように感染者が少ない国で行うのに適合している。数百~数千億ウォンに達する臨床第3相費用は政府が全面支援し、ワクチン完走を助けるべきだ。米国が1年でワクチン開発ができた主要因は成否と関係なく13兆ウォンを民間製薬会社に支援したためだ。

ワクチン開発には莫大な費用と失敗のリスク、公共財性格、単発製品と認識されるため利益創出を旗印にする民間企業には適していない面もある。筆者がジョンソン・エンド・ジョンソンの新薬開発研究所で働いていた時に所長が「ワクチンはショーケースで、会社を食わせているのはタイレノールだ」という冗談のような本当の話をしたりもした。もちろん彼はワクチン開発による会社イメージとブランド価値上昇は考慮していなかった。遅くても途中で放棄せず今回の機会にワクチン開発を完走してこそノウハウが蓄積され、新型感染症が出現するたびに早期にワクチン開発に着手できる。

◇感染症基礎研究インフラ構築しなくては

長期的には感染症対応に向けた科学技術基盤を強化しなければならない。市民は「世界経済大国10位なのにワクチン開発がなぜこのように遅いのか」と問う。国民の期待感と失望感は理解する。韓国のウイルス基礎研究基盤はとても劣悪なのが現実だ。感染症発生初期に原因病原体と感染手段を究明する疫学研究、病原体浸透・複製過程を明らかにするなどの基礎研究が不十分ならば世界の「ワクチン開拓者」ではなく万年「ワクチン後発走者」にとどまる。

韓国ではウイルス基礎研究を担う研究者層がとても薄い。次世代感染症専門研究人材養成が切実だ。散在しているウイルス専門科学者を糾合し基礎研究を体系化する研究所もない。

韓国政府が推進した国立ウイルス研究所の設立は当初の構想と違い竜頭蛇尾にとどまる様相だ。それでも既に設立したならば外部環境に関係なく独立予算が持続して支援されるよう法的装置を設けなければならない。2015年の中東呼吸器症候群(MERS)流行時に求められた未来の伝染病対処案はMERS終息とともに有名無実化した。

国家安全保障に向けた国防予算は年50兆ウォンだがわれわれはこれに同意する。同じように感染症への備えの予算も国民の生命と安全を守る「人間安全保障」に必須費用であることを国民は受け入れなければならない。一般難治性疾患とは違い、感染症はわかった分だけ、投資した分だけ対処可能な単純疾病だ。

アン・グァンソク/ソウル大学生命科学部教授

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】「メイド・イン・コリア」のワクチン完走しなくては

    2021.05.17 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    【コラム】「メイド・イン・コリア」のワクチン完走しなくては
    TOP