주요 기사 바로가기

米国防総省「北朝鮮への段階的アプローチ努力支持…今夜にも戦う準備できている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.11 09:18
0
米国防総省のカービー報道官は10日、「バイデン政権の対北朝鮮政策は段階的アプローチを通じて外交的スペースを模索し、北朝鮮の非核化達成に焦点を置いている。国防総省はこうした努力を全面的に支持する」と明らかにした。

米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカによると、カービー報道官はこの日の定例会見で最近完了した対北朝鮮政策検討と関連し今後韓米合同演習など軍事部門の履行案に対する質問にこのように答えた。

カービー報道官は具体的な内容をホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)に尋ねてほしいとしながらも「ひとつ明確に話せるのは、オースティン国防長官が条約を結んでいる韓国に対する米国の安全保障努力をとても真摯に扱っているという点」と話した。

カービー報道官はまた、米国が韓国と協調し韓半島(朝鮮半島)内すべての範囲の兵力をしっかく訓練し準備体制を整えられるよう保障する義務があると強調した。

その上で「今夜にも戦う準備ができているという米国の表現のように、エイブラムス韓米連合司令官の指導力の下でそうした目的に合致する訓練が実施されており、今後も継続して進めていくだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP