주요 기사 바로가기

韓国、一日で「1次接種者3人」…一般接種開始以来、最低を記録した理由とは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.11 09:17
0
韓国では新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの物量不足で、9日は一日に全国でたった3人しか1次接種できていなかったことが分かった。一般人対象の接種が始まった4月1日以降、最も少ない数値だ。韓国政府は国内に導入されるワクチン物量が増えれば接種者も増えると明らかにした。

10日、新型コロナ予防接種対応推進団(以下、推進団)によると、9日一日の新規1次接種者は計3人だ。週末・休日には業務を行わない接種センターや委託医療機関が多いため接種者数が減少する。このような点を考慮しても接種者数が1桁を記録したのは異例のことだ。1週間前の2日には1561人、2週間前の4月25日には6140人、さらに前の4月18日には4859人が接種ていた。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)推進団長はこの日の会見でこれに関連し、「現在予防接種センターでは、予約物量やワクチン物量を基準に地域別に判断している」とし「そのため日曜日の接種実績が、先週より、他の平日より低く報告された」と説明した。鄭団長は「予防接種ワクチンの物量が増えれば週末や日曜日の接種(件数)も合わせて増えるだろう」と付け加えた。ワクチンの物量が不足していて接種が円滑に行われていない事実を認めた。

1次接種者3人は、ファイザー2次接種者用のワクチンの余りを接種したことが分かった。鄭団長は「1次接種3件は予防接種センターで接種したもの」としながら「現在2次接種が実施されているが、2次接種分として接種を行ったところ3人分が余ったため、これを1次接種に回していたことを確認した」と話した。

韓国政府は先月1次接種300万人の目標を達成するために2次接種分のワクチンから差し引いて使った。1次接種者を増やすためだった。このように1次接種者の2次接種時期が近づき、余ったワクチンと新しく入ってくるワクチンで当面2次接種に集中することにした。

現在、韓国にはアストラゼネカ(AZ)ワクチン24万3000回分、ファイザーワクチン65万回分など合計89万3000回分が残っている。14日からAZワクチン723万回分が順次供給され、ファイザーワクチンは毎週水曜日に入ってくる。政府はこのような需給事情を考慮し、当面2次接種を中心に接種を進める。これに先立ち、1次接種は予約者だけが対象だ。

一方、この日文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任4周年の特別演説で「9月末までに接種対象国民全員に対する1次接種を終え、11月の集団免疫達成目標を当初の計画より操り上げる」と明らかにした。

これに対して鄭団長は「私たちが『11月までに接種可能な対象国民の70%以上を接種する』と申し上げた」とし「集団免疫達成目標に対しては2次接種を完了する時期と、また2次接種完了後に免疫がある程度形成される期間まで考慮して11月だと話した」と説明した。

鄭団長は「おそらく7-9月期のワクチンに対する供給日程がもう少し明確になり、ワクチンの種類が決まれば、mRNAワクチンのような場合は接種間隔が3~4週でとても短いため、そのような面で集団免疫を(早期に)形成することがもう少し有利になるかもしれない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP