주요 기사 바로가기

G7外相「北朝鮮の挑発自制、非核化の交渉を始めるべき…米国の努力を支持」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.06 07:34
0
先進7カ国(G7)外相が北朝鮮に向かって挑発を自制して非核化協議に出てほしいと促した。G7外相は4~5日、英国ロンドンで開かれた会合で北朝鮮に対してこのような内容を含む共同声明(コミュニケ)を発表した。

彼らは共同声明で「完全かつ検証可能で不可逆的」に北朝鮮のすべての違法な大量破壊兵器と弾道ミサイルを廃棄するという目標を維持すると明らかにした。また、米国がこのような側面で努力を継続しようと準備ができていることに対して歓迎と支持を送るとし、米国の新たな北朝鮮政策に力を加えた。

この他にも北朝鮮が国連安全保障理事会(UNSC)の制裁を完全に履行するように参加すると強調した。同時に、韓半島(朝鮮半島)の緊張が平和に解決されることを支持し、北朝鮮に南北対話の再開を促すと説明した。

一方、彼らは北朝鮮内の人権問題を指摘した。共同声明には「北朝鮮内人権問題に関して深刻な懸念を示す」という内容が盛り込まれ、北朝鮮が人権関連国連機構と協力することを促して拉致問題を直ちに解決してほしいと求めた。

また、北朝鮮の国境閉鎖にともなう脆弱集団の福祉に対しても懸念を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP