주요 기사 바로가기

韓国正義連「旧日本軍慰安婦被害女性が死去」…生存者14人に

ⓒ 中央日報日本語版2021.05.03 16:27
0
韓国の日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)は3日、ソウル在住の旧日本軍慰安婦被害者のユンさんが前日午後10時ごろ亡くなったと明らかにした。

正義連によると、1929年忠清北道(チュンチョンブクド)で生まれたユンさんは、13歳だった1941年、家にトラックを乗り付けた日本の軍人がおじいさんを暴行するのを見て抵抗し、トラックに乗せられて日本に連れて行かれた。

ユンさんは下関の紡績会社で3年ほど働いた後、広島に連れて行かれて旧日本軍の性奴隷としてあらゆる苦難を体験した。解放後は釜山(プサン)に帰国したユンさんは、1993年政府に旧日本軍慰安婦被害者として登録してから、海外での証言や水曜デモ参加など旧日本軍慰安婦問題解決のための活動を行ってきた。

女性家族部の鄭英愛(チョン・ヨンエ)長官は書面で「またお一人、旧日本軍慰安婦被害者を見送ることになり、非常に辛い。おばあさんが安息を得られることを願う」と哀悼の意を明らかにした。

続いて「政府に登録された被害者のうち、今では生存者は14人だけとなった」としながら「旧日本軍慰安婦被害者の方々が元気で安らかな老後を送れるように政策的支援を強化する一方、被害者の名誉と尊厳回復のための事業も積極的に推進していく」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP