주요 기사 바로가기

韓経:板門店宣言3周年、南北・米朝は冷え込んでいるが…文大統領「再び対話の時間が近づいている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.28 09:28
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「4・27板門店(パンムンジョム)宣言」3周年を迎えて「再び南北対話を始めなければならない時間が近づいている」と明らかにした。南北間と米朝間関係がいずれも冷え込んで南北首脳会談関連の政府記念行事も開かれていない中で出た発言だ。

文大統領は27日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が主宰した閣僚会議で「南北首脳が8000万民族の前で板門店宣言を行っていつのまにか3年になった」として「徒歩橋の風景がまだ目に浮かぶのに、ハノイ米朝会談の決裂以降膠着状態が長期化しており非常に残念な心情」と話した。同時に「板門店宣言は誰も傷つけられない平和の道しるべ」と強調した。

文大統領は「板門店宣言の土台の上で不可逆的な恒久的平和に進むべきだ」として「産みの苦しみを味わうことで得た教訓を踏まえて平和の時計を再び回す準備をしなければならない時」と話した。また「5月下旬に予定された韓米首脳会談が北朝鮮政策を緊密に調整し、発展的に進む方向を確立するきっかけになってほしい」と明らかにした。

この日、政府レベルの4・27板門店宣言3周年記念行事は開かれなかった。統一部は新型肺炎拡大防止を理由に挙げたが、冷え込んだ南北関係と否定的な世論が影響を及ぼしたという分析が出ている。政府は昨年、新型肺炎拡大状況の中でも「東海北部線推進記念式」を開催した。

李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は政府行事の代わりに民間行事が開かれた2カ所を相次ぎ訪問し、板門店宣言の国会批准を推進すると強調した。

李長官はこの日、京畿道坡州市(キョンギド・パジュシ)で開かれた「平和のための協力、再び始めましょう」行事に参加して「揺るぎのない平和の土台になる板門店宣言の国会批准同意などを推進して南北関係の制度化を後押ししていくだろう」と話した。板門店宣言があった2018年政府が提出して野党の反対で処理に失敗した批准同意案を再び提出する意志を表わしたわけだ。

国際体育行事を通じて南北関係を改善するという意志も再度明らかにした。李長官は「国際的体育行事など様々な契機を活用して南北関係を再開する方策も持続的に模索する」と話した。北朝鮮は6日、体育省名義で声明を発表して東京オリンピック(五輪)への不参加を公式宣言した。

野党は「希望拷問」という批判に出た。「北朝鮮通」と呼ばれる国民の力のキム・グンシク議員〔慶南(キョンナム)大学政治外交学科教授〕は「文大統領が首脳会談の華麗なる思い出に陥って現実的に不可能な『精神勝利』を強調している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP