주요 기사 바로가기

韓国野党議員「文大統領も日本のようにファイザー製ワクチン1億回分の確保を」

ⓒ 中央日報日本語版2021.04.21 10:11
0
韓国野党議員が5月予定された韓米首脳会談を契機にして文大統領にワクチンの確保を求めた。

20日、韓国国会で開かれた国民の力院内対策会議でキム・ソクギ議員は「5月末、韓米首脳会談が開かれれば最も重要な課題がワクチンになると考える」とし、「日本首相は数日前、日米首脳会談が終わった後、現地でファイザーの最高経営者と協議して1億回分程度のファイザー製ワクチンを追加供給されると約束を受けたという。韓国大統領も今回米国に行って韓米首脳会談を行う契機にファイザー製ワクチンを日本のように1億回分程度を受けるように強く促す」と話した。

国民の力の朱豪英(チュ・ホヨン)党代表権限代行は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が(来月)韓米首脳会談でワクチン外交の大きな成果を持ってくることを期待する」として「ワクチンの確保が最も重要な議題になるべきで、事前に徹底的に交渉と準備されるべきだ」と話した。

また、「われわれの外交指標。外交力成績表は今回の韓米首脳会談でわれわれが良いワクチンをどれぐらい多く確保するかにかかっていると思い、多くの国民もその点に大きな期待を寄せている」とし「ワクチンは国ごとに自国国民の生命、安全、経済がかかっている最高の戦略物資だ。訪米前に両国間信頼回復のためにも尽力をつくすべきだ」と強調した。

一方、文在寅大統領は19日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた首席補佐官会議で韓米首脳会談に関連して「経済協力とコロナ対応、ワクチン協力など両国間懸案に緊密な連携のために心血を注ぐ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP