주요 기사 바로가기

韓経:北朝鮮、SLBM挑発に出るか…15日がDデーの可能性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.12 09:57
0
北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)挑発に出そうな状況が相次いで感知されている。北朝鮮がSLBMの搭載が可能な3000トン級潜水艦の建造を完了したものと韓米情報当局が把握していると伝えられた。バイデン政権の対北朝鮮政策検討が仕上げ段階に入り込んだ中で北朝鮮が今後非核化交渉で影響力を行使するために武力挑発に出るという懸念が出ている。

米国の北朝鮮専門メディア「38ノース」は10日に撮影された衛星写真を分析した結果、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の新浦(シンポ)造船所にあるSLBM試験用バージ船からミサイル発射管が除去された可能性が大きいと明らかにした。衛星写真にはミサイル発射管と推定される物体がトラックに載せられたクレーンに吊り下げられている姿が捉えられたのに続き、4時間後にこの物体がトラックの荷台に置かれた様子が捉えられた。38ノースは「弾道ミサイル潜水艦進水に向けた準備過程の可能性と、さらに大きなSLBMをテストするための改良作業である可能性、あるいはSLBM試験発射に向けた初期準備段階の可能性がある」と分析した。

韓米情報当局は北朝鮮が新浦造船所で3000トン級潜水艦建造作業をすでに終えたと評価したという。軍消息筋によると、北朝鮮が1800トン級のロミオ級潜水艦を改造し建造した3000トン級潜水艦は全幅7メートル、全長80メートル前後の規模で、SLBM 3発を搭載できる。北朝鮮が潜水艦を公開した直後にその潜水艦を利用して「北極星3型」などのSLBMを実際に発射する可能性もあるという見通しが出ている。

北朝鮮が対米圧迫効果最大化に向け進水式の時期を調整しているという観測もある。バイデン政権が早期に対北朝鮮政策検討を完了すると明らかにしてきた中で、北朝鮮が米国の新たな対北朝鮮政策基調を見守っていると分析される。北朝鮮が挑発に出る場合、15日が山場になる見通しだ。15日は北朝鮮最大の名節で金日成(キム・イルソン)主席誕生日の太陽節であると同時に、米国議会で対北朝鮮ビラ禁止法(南北関係発展法改正案)関連聴聞会が予定されている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP