주요 기사 바로가기

【コラム】シベリアに突然できた噴火口…温暖化「時限爆弾」が姿を現した(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.06 14:12
0
先月24~25日、ドイツ・ハンブルク大学土壌科学研究所は「シベリア永久凍土層と気候変動」を主題にオンライン国際シンポジウムを開いた。シンポジウムでロシア科学院のセルゲイ・ジモフ研究員は「2002~2019年衛星データを分析して7~9月のメタン濃度地図を作った」とし「9月には永久凍土層分布地域の半分でメタン濃度が地球の平均濃度より5~15ppb高かった」と強調した。広範囲の地域でメタンが漏れ出ているという意味だ。

ジモフ研究員は特に「地球温暖化が今と同じ傾向のまま続くなら、永久凍土層から排出される温室ガスが人為的な排出量を上回るようになるかもしれない」と強調した。

独マックスプランク気象研究所所属のスティグビルケンスケルト研究員らは「最後の氷河期以降、海水面の上昇で永久凍土層など300万平方キロメートルの土地が北極海に浸ったが、ガス噴出を防ぐ『栓』だった海底永久凍土層が溶ければ膨大なメタンが放出されるだろう」と指摘した。

英国の解氷研究者、ピーター・ワダムス教授は著書『北極がなくなる日(A Farewell to Ice)』で「2040年までに北極のメタンによって地球の気温が0.6度追加で上昇するだろう」と展望した。マックスプランク気象研究所は「21世紀の人類が気候変動を防ぐことができなければ22世紀には北極海底の永久凍土層が溶ける速度が15倍に速まるだろう」と警告した。

人類は砕氷LNG船でなくても、すでにパイプラインで運ぶ永久凍土層天然ガスの中毒者だ。メタンをそのまま放出よりはましだが、天然ガスを燃焼させれば温室効果ガスが発生する。地球の気温が上がり、永久凍土層が溶ける悪循環が続く。北極メタンはプレゼントであると同時に気象災害をもたらす「時限爆弾」にもなる。この時限爆弾が爆発しないようにするためには、結局2050年までに炭素中立を達成するしかない。温室効果ガスの排出を最小化し、残りの排出物は山林で吸収したり捕集・保存したりして温室効果ガスの純排出量をゼロ(0)化しなければならない。

先月30日、米国ニューヨーク大学法学大学院傘下の政策研究所は、世界738人の経済学者に対して質問調査した結果を発表した。質問に参加した経済学者の74%は「即刻的で果敢な行動を通じて温室効果ガスを削減して気候変動に対応することが重要」と回答した。経済学者たちですら温室効果ガスの削減を前面に出すほど、気候危機はわれわれの鼻の先まで迫ってきている。

カン・チャンス/環境専門記者 【コラム】シベリアに突然できた噴火口…温暖化「時限爆弾」が姿を現した(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP