주요 기사 바로가기

「慰安婦被害者を骨折状態のままドイツで歌わせた」vs「骨折情況なかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.05 14:01
0
韓国与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員は5日、韓国挺身隊問題対策協議会(現軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯)常任代表時期、肋骨が折れていた慰安婦被害者の吉元玉(キル・ウォノク)さんを海外に連れていって歌を歌わせたなどの疑惑に対して「悪意の虚偽事実」と強く否定した。

尹氏はこの日、フェイスブックを通じて「吉おばあさんは2017年12月1日から6日(7日朝に帰国)まで欧州連合議会決議採択10周年キャンペーンのためにドイツに行ってきた」とし「吉おばあさんは活動家として堂々と話をし、歌を歌い、ドイツ訪問期間に肋骨骨折を疑うほどの症状や情況はなかった」と明らかにした。

続いて「胸に痛みを感じるという言葉は帰国後であり、これについて病院を訪れて診療を受けるなどおばあさんの診断と回復のために努力した」とし「その後おばあさんは健康を回復した」と説明した。

あわせて「明白な虚偽事実を、侮辱するための名誉毀損という明白な意図を持って悪意的に流布する行為を直ちにやめるよう厳重に要求する」と付け加えた。

尹氏のこのような疑惑は、最近ヨ・ミョンスク前ゲーム物管理委員長がYouTubeチャネルを通じて「尹議員が2017年末、吉おばあさんの肋骨が折れたまま欧州を連れていった」と主張して大きくなった。ヨ氏は昨年の正義連後援金運用論争以降、尹氏を繰り返し批判してきた。

吉さんの家族側はこの日、中央日報を通じて当時常任代表だった尹氏が吉さんの肋骨骨折の事実を家族にちゃんと知らせていなかったと明らかにした。

家族側が公開した診断書によると、吉さんは欧州から帰国した翌日の2017年12月8日にソウルのある家庭医学科クリニックを訪れ、翌日大型病院で「4本または、それ以上の肋骨に及ぶ多発骨折」という診断を受けた。家族側はこのような過程を知らなかったが、今年2月に痛みを訴えた吉さんを病院に連れて行ったところ一歩遅れて骨折記録を確認したと主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「慰安婦被害者を骨折状態のままドイツで歌わせた」vs「骨折情況なかった」

    2021.04.05 14:01
    뉴스 메뉴 보기
    旧日本軍慰安婦被害者の吉元玉(キル・ウォノク)さん(92)と対話する尹美香(ユン・ミヒャン)元挺対協常任代表。[写真 尹美香氏のフェイスブック キャプチャー]
    TOP