주요 기사 바로가기

韓国、軽空母設計技術の国産化に乗り出す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.10 17:52
0
科学技術情報通信部傘下の政府系研究機関の韓国材料研究院が3月9日と10日の2日間にわたり慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)の同院で「軽空母核心技術課題統合四半期会議」を開催した。

材料研の極限環境コーティング研究室が主管した今回の会議は、防衛産業技術支援センターのイ・ジェドン艦艇技術チーム長、防衛事業庁のキム・テヒョン揚陸艦事業チーム長をはじめ、韓国機械研究院、船舶プラント海洋研究所、韓国航空宇宙研究院、韓国材料研究院、釜山(プサン)大学などの課題研究責任者と主要研究者、関連機関関係者60人ほどが参加して進められた。

核心技術課題は軽空母の設計核心要素の技術確保に必要な飛行甲板とプラットフォーム関連6件の技術を先制的に開発するものだ。昨年10月に開発に着手し今回の会議は四半期にわたり遂行した結果を点検し次の四半期の計画を話し合う目的で設けられた。

今回の課題で韓国材料研究院は飛行甲板コーティング材開発と熱解析技術開発を担当した。これは艦載機が離着陸時に吹き出す1000度以上のエンジン噴射熱に耐えられるコーティング材を開発し、これを飛行甲板に用いる重要技術だ。

排気火炎による甲板損傷は軽空母飛行戦力の損失を招く。飛行甲板へのコーティング材技術は必ず確保すべき核心技術だ。材料研はこのため高温の排気火炎に耐える耐熱性、巨大海洋構造物を考慮した耐食性、飛行甲板の上を動く艦載機と乗組員の安全保障に向けたスリップ防止機能を持つ素材を開発している。

韓国材料研究院のイ・ジョンファン院長は、「世界の先進国ランキングがそのまま素材強国ランキングという言葉が過言ではないほど素材技術は国の根幹になり国家安全保障の力につながる。今回の飛行甲板核心素材技術開発こそ韓国を真の素材強国、そして安全韓国に導くのに大きく寄与することになるだろう」と力説した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、軽空母設計技術の国産化に乗り出す

    2021.03.10 17:52
    뉴스 메뉴 보기
    海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」。改修すればステルス戦闘機F-35Bを運用する軽空母として使用できる。[ウィキペディア]
    TOP