주요 기사 바로가기

「中国ウイルスだ、殺してやる」LAコリアンタウンで韓人無差別暴行

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.26 09:26
0
米国ロサンゼルス(LA)のコリアンタウンで韓国系20代男性が無差別暴行を受けて殺害の脅迫まで受ける事件が起きた。

25日(現地時間)、LA韓人社会やNBC放送などによると、米空軍予備役である韓人2世のデニー・キムさん(27)は16日夕方、コリアンタウンで遭遇したヒスパニック系男性2人(推定30代)から無差別暴行を受けた。キムさんは無差別暴行により鼻の骨が折れ、目にアザができた。

現地警察は今回の事件を憎悪犯罪と規定して容疑者の追跡に出た。

キムさんは「男性2人が私の額と目を殴った。私は地面に倒れたが、彼らはずっと私を殴った」とし「彼らは私を殺すと言った。命を奪われるのではないかと思って怖くなった」と明らかにした。

キムさんは加害者2人が「チンチョン」「中国ウイルス」と口々に言いながら暴行を加えたと話した。「チンチョン」は西欧人が中国人を蔑視する時によく使う表現だ。

キムさんはちょうど現場を通りがかった知人ジョセフ・チャさんの助けで危険な状況から抜け出すことができた。現場を目撃したチャさんは「彼らにやめろと大声を張り上げたところ、私にも中国と関連した人種差別的悪口を言った」と話した。

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態以降、ドナルド・トランプ前大統領が「中国ウイルス」と批判して反中感情が強くなっていたのも一因だった。

LA警察局(LAPD)はこの事件を嫌悪犯罪として見て、この一帯の防犯カメラの映像や目撃者の確保など容疑者の追跡に出た。

LAのある海外同胞は「トランプ前大統領が中国など東洋系に対する人種差別感情に火を付けた」とし「このような感情がなかなか落ち着かないようで心配」と話した。

コリアンタウンを地方区にしているミゲル・サンティアゴ下院議員(カリフォルニア州)は声明を出して「キムさんが人種差別的嘲弄と暴行を受けたことは明らかな憎悪犯罪」と批判した。サンティアゴ議員は「キムさんは最近、ロサンゼルス郡で嫌がらせや暴行、差別を受けたアジア・太平洋系住民240人余りの1人」としながら「われわれは傍観者にはなることはできない。立ち上がらなければならない」として積極的に対応すると明らかにした。

米国のアジア人権団体は昨年3月から今年1月まで47州で2800件余りの憎悪犯罪被害が届け出られたと明らかにした。韓人対象犯罪は全体の15%に達する420件で41%を占めた中国系に次いで2番目に多かった。類型別には言語暴力が45%、サービス拒否22%、敵対的な身体接触が10%などだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「中国ウイルスだ、殺してやる」LAコリアンタウンで韓人無差別暴行

    2021.02.26 09:26
    뉴스 메뉴 보기
    米国ロサンゼルス(LA)のコリアンタウンで韓国系20代男性が無差別暴行を受けて殺害の脅迫まで受ける事件が起きた。
    TOP