주요 기사 바로가기

日本、文大統領視察のプンリムファーマテックに特殊注射器8000万個の購入要請

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.19 06:48
0
日本側が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン接種用特殊注射器の生産メーカー「プンリムファーマテック」に大量に購入要請をしたと伝えられた。

18日、共同通信は文在寅(ムン・ジェイン)大統領がこの日、プンリムファーマテック視察の便りを報じ、プンリムファーマテック側が日本から約8000万個の購入要請があったと明らかにしたと伝えた。

プンリムファーマテックは世界20カ国から2億6000万個以上の注射器購入の要請を受けたと伝えられた。

このメーカーは月間生産量を現在1000万個から翌月から2000万個に増やす予定だ。

これに先立って、日本は17日から医療従事者を対象に米国製薬大手ファイザーが開発した新型肺炎ワクチンの接種を始めたが、世界的に品薄となっている特殊注射器の確保が遅れた。

日本政府が大量に確保した一般注射器では1本に5回の接種だけが可能だが、注射器の最後の部分に残るワクチンの量が少ない特殊注射器では6回の接種が可能だ。

日本は1瓶当たり6回の接種基準で7200万人分(1億4400万回)のワクチンを供給されることにファイザーと契約した。特殊注射器を確保することができなければ、ファイザーのワクチン接種回数がそれだけ減る。

日本では医療機器製造メーカー「ニプロ」がタイにある工場で特殊注射器の生産量を月間50万個から数倍に増やす方針だが、増産分の供給は9月ごろになる予定だと共同通信は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本、文大統領視察のプンリムファーマテックに特殊注射器8000万個の購入要請

    2021.02.19 06:48
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が18日午後、全北群山市(チョンブク・クンサンシ)の新型肺炎ワクチン接種用の最小残留型注射器(LDS)の生産現場であるプンリムファーマテックを視察し、プンリムファーマテックのチョ・ミヒ副社長からワクチン注射器の生産ラインに関する説明を聞いている。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP