주요 기사 바로가기

韓日外相間の通話まだ…冷え込む両国関係が背景か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.18 16:36
0
外交部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官と日本の茂木敏充外相の初めての電話会談が前例に比べ遅れている。文在寅(ムン・ジェイン)政権は韓日関係改善も意識する様子だが、外相同士の通話すら先送りされている。

鄭長官は9日の就任から10日間で5人の各国外相と電話会談をした。12日に米国のブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相と通話した。続いて15日にアラブ首長国連邦のアブドラ外相、16日に中国の王毅外相と通話した。17日にはカナダのガルノー外相と通話した。

だが茂木外相との会談日程はまだ調整中だ。前任長官が米国より先に日本の外相と通話したのと比較すると異例だ。康京和(カン・ギョンファ)前長官は就任2日後の2017年6月21日に岸田文雄元外相と通話した。尹炳世(ユン・ビョンセ)元長官も就任4日目の2013年3月14日に岸田元外相と通話した。外交部のチェ・ヨンサム報道官は「唯一韓日外相間の通話が遅れている」という指摘に、「具体的に決まった事項はない」として言葉を控えた。元外交部高位当局者は「先月の裁判所の慰安婦賠償判決後、日本が韓国に対して相当に冷たくなった。全般的な信頼が壊れた状態に見える」と説明した。

実際に冷え込んだ韓日関係がカウンターパート間の通話と面談日程に相次ぎ支障を及ぼして李宇様相だ。先月22日に赴任した姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使も菅義偉首相と茂木外相との面談日程をまだ決められていない。12日には日本の外務省のナンバー2で秋葉剛男次官と会ったたが、この日程さえも日本の突然の通知により本来の計画より4日延期されていた。共同通信は13日「日本政府と与党内には嫌韓ムードが広がっている」と伝えた。報道によると、日本政府高位当局者は「鄭外交部長官と会っても『寒いですね』程度しか話すことがない」と話した。

こうした中、バイデン政権発足後初めて日米豪印のクアッド協議体の外相会議が18日にオンラインで開催される。バイデン政権はトランプ政権当時に始まったクアッドを継承する意志を明らかにしているだけに、今回の会談でクアッドを最高級協議体へと発展させるための議論がされる可能性もある。また、既存のクアッド4カ国に韓国、ベトナム、ニュージーランドなどを追加する「クアッドプラス」関連の議論も予想される。クアッド構想とともにバイデン政権が強調する韓米日三角同盟のためには韓日関係復元が至急だが、日本の冷ややかな反応から簡単にスピードを出せずにいると指摘される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP