주요 기사 바로가기

韓国映画『スペース・スウィーパーズ』、ネットフリックス公開直後に1位(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.08 16:11
0
ソン・ジュンギ、キム・テリ主演で制作費240億ウォン(約22億6000万円)台の宇宙SF映画『スペース・スウィーパーズ』(監督チョ・ソンヒ)が5日、ネットフリックスで190カ国以上で公開されるとすぐに旋風を巻き起こしている。映像コンテンツ視聴集計サイト「フリックスパトロール」によると、『スペース・スウィーパーズ』はリリースから1日で韓国・フランス・フィンランド・バングラデシュ・マレーシアなど16カ国のネットフリックスで1位を占め、世界1位となった。翌日にはロシア・デンマーク・香港などが追加されて25カ国で1位、世界1位を記録した。昨年6月の韓国封切り以来、9月にネットフリックスで公開された災害映画『#生きている』が韓国コンテンツ初の世界1位になったのに続いている。

狼少年の純愛を描いたファンタジー『私の狼少年』(2012年)で706万人の観客を動員したチョ・ソンヒ監督とソン・ジュンギが団結した2作目の映画だ。「2092年、宇宙清掃船で暮らす4人のはみ出し者の物語」(ソン・ジュンギ)という説明通り、71年後の未来、砂漠化で貧困化した地球の代わりに宇宙衛星軌道の新しい住処UTSが背景だ。太極旗が描かれた宇宙掃除船「勝利(スンニ)号」を率いるチャン船長(キム・テリ扮)と貧民に転落した天才パイロット・テホ(ソン・ジュンギ扮)、エンジン機関士のタイガー・パク(チン・ソンギュ扮)、もり使いロボット・バブズ(ユ・ヘジン扮)は、人間の子供型の大量殺傷兵器ドロシーを発見し、危険な追跡に乗り出す。

海外批評専門サイト「ロートントマト」で評論家の新鮮度は100%満点の50%と低調な方だった。アカデミー4冠王の『パラサイト 半地下の家族』、朝鮮ゾンビ時代劇『キングダム』など韓国ならではジャンルの再解釈に高いスコアを付けてきた海外メディアは『スペース・スウィーパーズ』がハリウッド式SFの形式を整えるのに留まったという失望感を示した。香港の日刊紙サウスチャイナ・モーニングポストは「『スペース・スウィーパーズ』は、一貫性のある映画的ビジョンを果敢に実現するよりも、どこかの委員会が考案した徹底した項目を埋める練習のようだ」と批判した。米国の公共ラジオ(NPR)映画放送フィルムウィークは「ものすごい爆発や緊張感が全くない」とストーリー展開を批判した。イ・ドンジン評論家は「技術的な成果を見えなくする没個性の作法」と批判した。一方、ロートントマトの大衆新鮮度は83%に達し、概ね軽く楽しむのに悪くないポップコーン・ムービーという評価だ。

韓国初のモーション・キャプチャーに挑戦したロボット・バブズ役のユ・ヘジンまで、主演俳優たちはおなじみの魅力を万遍なく発揮している。UTS創設者のサリバンを好演したハリウッド俳優・リチャード・アーミテージの他、様々な国籍の外国人助演俳優たちの硬い演技が没頭するのを妨害する点はある。韓国名「コンニム」とも呼ばれるドロシーをはじめ、体だけ育った青少年のような成人キャラクター、残酷さを去勢したアクション、便や放屁などを頻繁に笑いの要素に使ったセリフは『スペース・スウィーパーズ』が成人のSFジャンルのファンのためのというよりも、子供を含む全年齢の家族の観客を狙った家族映画だということを刻印させる。

先端VFX(視覚特殊効果)も目を引く。韓国映画では見たことのない宇宙と宇宙船内外の戦闘、未来都市のスペクタクルのために作成段階からコンセプトアートを構想し、韓国のVFX会社8社、合計1000人のVFX専門家が参加した。当初、劇場公開を目標にしていた映画は、昨年新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のため日程延期後、OTT(オンラインストリーミング)プラットフォーム・ネットフリックスに直行した。

映画『神と共に』の地獄を作ったのに続き、『スペース・スウィーパーズ』に飛び込んだチョン・ソンミンVFXスーパーバイザーは「リファレンスをハリウッド映画に求めなかった」とし「NASA(米国航空宇宙局)の宇宙ステーションを検索すれば、宇宙に行った人たちが撮影したリアルタイム映像をインターネットストリーミングしてくれる。私たちのリファレンスは宇宙だった」と述べた。チョン・ソンミン氏とチョン・チョルミン共同VFXスーパーバイザー、ポン・ジュノ監督の災害ファンタジー『グエムル 漢江の怪物』に続き『スペース・スウィーパーズ』に搭乗したチョ・ヌンヨンプロデューサーに4日、Eメールでインタビューを行った。次は一問一答。

――今までの韓国映画と『スペース・スウィーパーズ』のVFXを比較すると。

チョン・ソンジン「韓国のメジャーCG会社がほとんど初めて集結して作業した作品だ。韓国の技術力がどこまで来たのかに対する尺度と言える。ハリウッド映画との比較より、ひとつの韓国映画としてご覧いただければと思う」

――2092年の未来像はどのように想像したのか。

チョン・ソンジン「チョ・ソンヒ監督も私も実写撮影とCGでそれぞれ具現化した宇宙がよくマッチするか心配だった。宇宙の中の韓国人パイロット、馴染みのないイメージだ。ルック(Look)やリアリティの面で韓国人の情緒をよく溶け込ませたVFXにする必要があった」

――人物とドラマの吸引力も考慮しなければならなかったのでは。

チョ・ヌンヨン「フリープロダクション会議で俳優たちが演技に集中できるように、なるべく(後半のCG作業のために空いている空間に緑のマットを設置した)グリーンスクリーンショットを減らし、実物のセットでうまく作るように努力した。できるだけ多くの動画コンテ(フリービジュアル)を作り、演じる俳優だけでなく監督・撮影など、全スタッフが映画の中の空間の状況を認知して作業した」 韓国映画『スペース・スウィーパーズ』、ネットフリックス公開直後に1位(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国映画『スペース・スウィーパーズ』、ネットフリックス公開直後に1位(1)

    2021.02.08 16:11
    뉴스 메뉴 보기
    映画『スペース・スウィーパーズ』のスチール[写真 ネットフリックス]
    TOP