주요 기사 바로가기

洪翼杓氏、「韓日海底トンネル」金鍾仁氏の主張に「それこそ利敵行為」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.02 15:55
0
洪翼杓(ホン・イクピョ)共に民主党政策委議長は2日、金鍾仁(キム・ジョンイン)国民の力非常対策委員長が言及した「韓日海底トンネル推進」について「それこそ金委員長がおっしゃった利敵行為に近い」とし「韓国よりも日本のための政策」と主張した。

洪政策委議長はこの日午前、KBS(韓国放送公社)ラジオ『キム・ギョンネの最強時事』で「日本との海底トンネルを通じて韓国が得る収益は日本に車で行けるということしかないが、日本は韓国と北朝鮮を経て、中国、ロシア、欧州まで行くことのできる道が開かれる」と述べた。

洪政策委議長は「非常に不適切な政策選挙公約」とし「なぜ突然脈略なく、この政策を話されるのか分からない。恐らく、釜山(プサン)地域の物流関係者の中で、日本と利害関係のある方を除けば韓半島(朝鮮半島)の物流専門家の大半は否定的だ」と付け加えた。

金委員長は1日、補欠選挙の激戦地の一つである釜山を訪問し、加徳島(カドクド)新空港建設の支持と同時に釜山と日本・九州を結ぶ海底トンネル推進を検討すると述べた。金委員長は「日本に比べてはるかに少ない財政負担で生産付加効果54兆5000億ウォン(約5兆1000億円)、雇用誘発効果45万人に及ぶ巨大な経済効果が期待される事業」と説明した。

その後、与党陣営では「親日」攻勢が続いた。民主党の崔仁昊(チェ・インホ)首席報道官はこの日、党高位戦略会議で「日本の大陸進出の野心に利用されかねないという国民的憂慮に注目する必要がある」とし「親日DNAを発動した」と主張した。

「韓日海底トンネルは日本の大陸進出を許可するだけという世論の反対の議論が中断されたて久しい」〔禹元植(ウ・ウォンシク)議員〕、「日本の一方的な支援妄言」〔梁基大(ヤン・ギデ)議員〕など、民主党議員の批判が続く、国民の力は金大中(キム・デジュン)・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領も過去に韓日海底トンネルの建設を積極的に言及したことがあるとし、反論に出た。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    洪翼杓氏、「韓日海底トンネル」金鍾仁氏の主張に「それこそ利敵行為」

    2021.02.02 15:55
    뉴스 메뉴 보기
    金鍾仁国民の力非常対策委員長。オ・ジョンテク記者
    TOP