주요 기사 바로가기

ファイザーワクチン接種の米60代医療スタッフ、接種4日後に死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.28 14:58
0
米国製薬会社ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のワクチンを接種した米国の60代医療スタッフが接種から4日後に死亡する事件が発生した。

現地メディアのオレンジ・カウンティ・レジスタなどが27日(現地時間)、米カリフォルニア州サンタアナの病院でレントゲン撮影技師として勤めていたティム・ジュークさん(60)がファイザーワクチンを接種してから4日後に死亡したと報じた。

ジュークさんは5日、ファイザーワクチンを2次接種した数時間後に呼吸困難と下痢などの異常反応が出た。緊急治療室の診断結果、ジュークさんはコロナの疑いがある症状とうっ血性心不全の症状があると診断を受けた。

その後血圧が低下し、腎臓機能に異常が見られたジュークさんは呼吸器を付けた状態で治療を受け、9日に死亡した。

妻のロシェル・ジュークさんは、夫は高血圧で若干肥満気味だったが、健康上の問題はなかったと述べた。

ロシェルさんは「夫はコロナワクチンウイルスを信じ、他の人も接種することを願ったと思う」とし「私たちは製薬会社を非難しないが、当局はワクチンの安全性についてより多くの研究を行う必要があり、夫の死亡原因を明らかにすべきだ」と述べた。

オレンジ郡検死官室はジュークさんの死亡原因を調査している。ワクチンと関連性があると判断されれば、保健当局に通知する予定だという。

ワクチン接種後に死亡した事例は今回が初めてではない。今月3日、米フロリダ州マイアミで産婦人科医のグレゴリー・マイケルさんがファイザーワクチン接種から16日後に脳内出血で死亡した。

マイケルさんは、ワクチンを接種し、血液が正常に凝固しない免疫血小板減少症(ITP)の症状が見られ、集中治療室に入院したが死亡した。

また、郡保健当局によると、21日にはカリフォルニア州プレイサー郡の住民がワクチン接種から数時間後に死亡した。

保健当局は、死亡原因を調査中とし、この住民の身元と接種を受けたワクチンの種類は公表していない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP