주요 기사 바로가기

米交通安全当局、テスラ16万台リコール要求 「タッチスクリーン不具合で事故の危険」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.14 11:11
0
米国家道路交通安全局(NHTSA)がテスラ車両のタッチスクリーン不具合に対する懸念を理由に15万8000台のリコールを要求した。テスラは車両内部の物理的ボタンを廃止し、ほぼすべての機能をタッチスクリーンで制御している。

13日(現地時間)、ロイター通信によると、NHTSAはテスラにリコールを要求する内容の公式書簡を送った。メディアコントロールユニットの欠陥がタッチスクリーンの表示が機能しなくなり、安全に危険が及びかねないと指摘しながらだ。NHTSAがリコール対象として要請した車両はModel(モデル)SとモデルXの計15万8000台だ。両モデルの価格は韓国の基準でどちらも1億ウォン(約946万円)をはるかに超える。

タッチスクリーンが言うことを聞かなくなれば、テスラ車両の安全にも大きな問題が生じるというのがNHTSAの判断だ。NHTSAは「メディアコントロール問題で後進した時にバックカメラに映し出されるイメージが失われ、オートパイロット(自動運転)補助システム機能も落ちる恐れがある」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米交通安全当局、テスラ16万台リコール要求 「タッチスクリーン不具合で事故の危険」

    2021.01.14 11:11
    뉴스 메뉴 보기
    韓国のテスラ清潭(チョンダム)展示場に展示された「Model(モデル)S 90D」。17インチ大型タッチスクリーンでほとんどの機能を制御する。
    TOP