주요 기사 바로가기

「Sペン追加してカメラはさらに強力に」 来週ベールを脱ぐGalaxy S21

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.05 14:18
0
1/2
サムスン電子の次期戦略スマートフォン「Galaxy S21」公開日が今月15日で確定した。写真はGalaxy S21 UNPACKED招待状。[写真 サムスン電子]
サムスン電子が15日午前0時(日本時間)、今年前半期の戦略スマートフォン「Galaxy(ギャラクシー) S21」シリーズを公開すると発表する中で、Galaxy S21の細部スペックに対する関心が集まっている。

サムスン電子はフラッグシップスマートフォンの公開行事である「Galaxy UNPACKED 2021」を15日午前0時、米国東部時間で14日午前10時に開くという内容の招待状を4日、グローバルメディアやパートナーに送った。今回の行事でサムスン電子はGalaxy S21シリーズや無線イヤホン「Galaxy Buzz Pro」などを公開するという。

現在まで外信などに報じられたGalaxy S21に対する情報を総合すると、Galaxy S21のシリーズ構成は前作のGalaxy S20と同じS21(6.2インチ)・Plus(6.7インチ)・Ultra(6.8インチ)の3種だ。代表カラーは紫の「ファントムバイオレット」、カメラは5つ搭載されている。

画面はGalaxy S21とPlusには「フラットディスプレイ」が、最上位モデルのUltraには「エッジ(画面両端がカーブしている形)ディスプレイ」が適用されている。前作より上下左右ベゼル(枠)が薄くなり、全面上段のパンチホールカメラのサイズも小さくなって目に映る可視化面が広くなった。

後面カメラはモジュールが左側上段のコーナーに配置された。前作で、カメラの部分が突出していると指摘を受けたデザインがやや改善されたという評価だ。カメラは同じ大きさのレンズが縦に一列配置された。従来Galaxy Note20シリーズと類似している。特にカメラはレンズ交換式(DSLR)級に次ぐ水準のセンサーと知能型写真・映像撮影機能を備えてることが予想される。Gallery S20 Ultraには1億800万画素メインカメラが搭載されていた。

ノ・テムン無線事業部長(社長)は昨年末、サムスン電子ニュースルームを通じて「多くの利用者がスマートフォンで重要な瞬間を映像で残している」とし「専門映像製作者から知能型カメラにすべてを任せたい人まで、顧客のさまざまな要求を満足させる完ぺきな映像経験を提供するだろう」としながらカメラ機能に革新があるだろうと予告することもした。

Galaxy S21にはSシリーズでは初めてスタイラス(S)ペンがサポートされる。Galaxy S21 Ultraの詳細スペックが登録された米国連邦通信委員会(FCC)文書によると、Galaxy S21 Ultraの場合、スマートフォン画面でない空中Sペンを動かして特定動作を遂行する「ホバーモード」を支援する。ただし、Galaxy Noteとは違い、Sペンを保管できるスロットはない。サムスン電子はSペンと保管用ケースを別途販売すると発表された。

メモリーを拡張できるSDカードスロットもないとのことだ。ドイツのIT専門メディアのWinFuture寄稿者のRoland Quandt氏は今月1日、自身のツイッターを通じて「Galaxy S21スペックシートにはメモリーカードリーダー機が装着されなかった」と伝えた。

スマートフォンの頭脳格であるアプリケーション・プロセッサ(AP)はExynos(エクシノス)2100とクアルコムのSnapdragon(スナップドラゴン)888を発売国家によって使い分けていることが分かった。欧州など一部国家ではGalaxy S21パッケージに充電器アダプタやイヤホンが除外される見通しだ。

サムスン電子はGalaxy S21の物量一部をLTE(long term evolution・4世代)モデルとして発売する。東南アジアや中南米など5G商用化まで至っていない一部国家に該当する。韓国では全量5Gモデルだけで発売する予定だ。

サムスン電子は今まで毎年2月中旬にGalaxy Sシリーズを公開したが、今回は1カ月以上日程を操り上げた。業界では競争会社であるApple(アップル)が昨年10月に出したiPhone12の好調な販売をけん制し、米国がセキュリティ問題をイシューとしたことで実績が停滞している中国ファーウェイ(華為)の空白を埋めるための戦略だとみることができる。

Galaxy S21 UNPACKED行事は、サムスン電子ニュースルームとサムスン電子ホームページを通じて生中継される。Galaxy S21は15日から予約販売を開始し、29日から公式に発売される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP