주요 기사 바로가기

【取材日記】Galaxy S10、自尊心よりもバグを早く修正することが重要

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.21 15:10
0
最近取り沙汰されているGalaxy(ギャラクシー)S10とノート10の指紋認識不具合問題はセンサーを納品したクアルコムに責任を転嫁するのは難しい問題だ。2製品の超音波指紋認識センサーだけではなく、既存の光学式センサーを搭載したギャラクシータブS6でも同じ不具合が見つかったためだ。中央日報が今月17日の記事で、「サムスン電子が今年4月に配布したパッチが問題の原因かもしれない」と言及したのもこのためだ。

事実、今回のバグは簡単に修正することができる問題だ。今月4月のパッチ以前のコードをもう一度適用すれば簡単に解決することができる。4月のパッチ配布以前は指紋認識率が低いというのが問題であり、今のようにジェルタイプのクリアケースを間に挟めば何でも認識してロック装置を解除していたわけではなかった。

サムスン電子無線事業部の機敏な(agile)決定が必要な状況だ。別の見方をすれば、超音波センサーの認識率にこだわるのか、製品のセキュリティ性を高めるか、2つのうち1つを選べばいい。

超音波指紋認識技術は高周波を指紋に当てて3次元(3D)イメージを読み取る方式だ。サムスンがあえて3D指紋認識を選んだのは、中国メーカーに猛追されている市場状況が大きかった。ファーウェイ(華為)・シャオミ(小米)が光学式指紋認識センサーを搭載しているうえ、彼らよりも遅く同じ技術を採用するのはサムスンの自尊心が傷つけられることだった。

韓国ITコミュニティ「ミニ機器コリア」のある利用者は「先月10日から指紋認識不具合問題を申告した」と明らかにしたが、18日の公式謝罪文を発表するまで、サムスンは「公認ケースを使ってほしい」と呼びかけるのみだった。不具合を簡単に認められないサムスンの社風のためだとみられる。

サムスンは早ければ21日、遅くとも23日までにアップデートパッチを配布すると明らかにした。開発者の立場ではやや時間が足りないと感じるかもしれない。S10とノート10、2つのフラッグシップ製品のためなら、そして利用者を考えるなら、サムスンが自慢する無欠点経営や自尊心はしばらく脇に置いておくのはどうだろう。

限られた時間内にセキュリティーと指紋認識率、2つの不具合を適当に縫合しようとするパッチを出せば完成度が落ちることは避けられない。いっそのこと一度のアップデートで終わらせないで繰り返しパッチを出して修正・補完を繰り返すほうがシリコンバレー式企業経営にも符合する。

マイクロソフト(MS)のWindows(ウィンドウズ)もバグ修正のために周期的にアップデートしている。スタークラフトのような名作ゲームも数多くのバグが存在した。S10とノート10を使う利用者の立場では、指紋認識率がやや低くなってもセキュリティーが高まるほうがはるかにいい。ここで早期に収拾できないなら、ノート7の悪夢が再現されかねない。

キム・ヨンミン/産業2チーム記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP