주요 기사 바로가기

Galaxy Note20に入ったXbox…「ユーザーの余暇時間をめぐりすべてのものと競争中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.06 10:42
0
5日、サムスン電子が公開した「Galaxy Note(ギャラクシー・ノート)20」はマイクロソフト(MS)のXbox(エックスボックス)ゲームパスをサポートしている。毎月一定金額(韓国基準で月額1万1000ウォン、約980円)を出せば、130本に達するエックスボックスのゲームを自由に楽しむことができる。

Xboxでソニー(PlayStation)や任天堂(Switch)とともに世界のコンソールゲーム市場でシェア争いをしているMSのこのような試みは、既存のコンソールゲーム事業の公式を抜け出したものだ。

これに対して、MSのクラウドゲーム戦略を率いるコーポレートバイスプレジデントのカリーム・チョードリー(Kareem Choudhry)氏は、中央日報とのインタビューで「われわれの競争相手はNetflix(ネットフリックス)のような購読型サービス」とし「利用者の『自由裁量余暇時間』をめぐりすべてのものと競争しているため」と説明した。ゲームはゲーム機、映画は劇場などプラットフォーム別の区分が明確だった時代は終わったというのが彼の判断だ。

コンソールプラットフォームが外へ拡張し続ける理由について、チョードリー氏は「新しくゲームを楽しむ方式がコンソール機器を代替するわけではない」とし「コンソール機器であろうが、コンピュータ(PC)であろうが、スマートフォンであろうが、ゲームを楽しむことができる方式を追加していく」と話した。

スマートフォン画面の大きさや操作方法の問題などで限界があるという指摘もある。しかしチョードリー氏は「10年前、誰が携帯電話で1本の映画を見ようと思っただろうか」と反問した。「大型テレビの画面でゲームすることが好きな人もいるが、スマートフォンゲームを選択する人もいる」ということだ。チョードリー氏は「ユーザー経験の側面で大きな問題はないので、音楽と動画分野で進んでいるトレンドがゲーム分野にも現れるだろうと考える」とし「サムスン電子・SKテレコムなどとパートナーシップを締結した理由は、最上のハードウェア、円滑なネットワークアクセス、良質のストリーミングができるようにするためだ」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Galaxy Note20に入ったXbox…「ユーザーの余暇時間をめぐりすべてのものと競争中」

    2020.08.06 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    マイクロソフトのゲーミングクラウド担当コーポレートバイスプレジデントのカリーム・チョードリー氏
    TOP