주요 기사 바로가기

韓国の60代、新型コロナ感染後空き病床待つ間に死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.17 17:20
0
ソウルで新型コロナウイルスに感染して空き病床を待つ間に死亡した60代の感染者は病状が急速に悪化し2回も緊急病床の配分を要請していたことが明らかになった。

ソウル市と東大門区(トンデムング)、東大門区保健所が17日に明らかにしたところによると、60代のAさんは12日に新型コロナウイルス陽性判定を受け2日後の14日に「血痰が出てせきの症状がある」と保健所に報告した。東大門区保健所はAさんの急な病状悪化を受けソウル市に緊急病床配分を2度要請したが、空いている病床を確保できずAさんが死亡するに至ったとみている。

◇2度「緊急病床配分」要請したが確保できず

「病床待機中死亡」の悲劇はさまざまな悪材料が重なって発生した。ソウル・東大門区で配偶者と2人で住んでいたAさんは持病があった。新型コロナウイルスの検査を受けることになったのは配偶者が先に陽性判定を受けたためだった。検査を受けたのは11日で、 Aさんは翌12日に陽性判定を受けた。検査を受けながらAさんは「首がかゆい」と話していた。

東大門区保健所はAさんが60代で首がかゆいこと以外には特別な症状がなく、生活治療センターを配分することに決めた。だが生活治療センターの配分は容易ではなかった。12日はソウルで399人の感染者が発生し、それまでで1日最多の感染者数を記録した日だった。当時は急増する感染者で生活治療センターの配分が遅れるほかない状況だったと保健所は説明した。

配偶者と離れていたAさんの体調が急変し始めたのは14日だった。1日家で待機していたAさんは14日早朝に保健所に連絡した。「血痰が出て、せきが出る」という連絡を受けた東大門区保健所はソウル市に緊急病床配分を要請したという。

Aさんは配偶者にも体調が良くないと連絡した。同日午後1時22分、東大門区保健所は再び緊急病床配分をソウル市に要請した。東大門区保健所関係者は「Aさんの状況が悪化したと判断して再度要請したが病院の配分が遅れた」と吐露した。

翌日午前8時ごろAさんに電話をかけてみた配偶者は連絡がつかないことから救急に通報した。救急隊がAさんの自宅に到着したがAさんは死亡した状態で見つかった。

◇「残念だ」…「症状悪化の速度速かった」

ソウル市と東大門区は病床を待って死亡したAさんの悲劇に残念だと話した。ソウル市関係者は「最初に確認された時に保健所で調べたら重い状態ではなかったと判断したようだ」と話した。この関係者は「首がちょっとむずむずし、そのほかに特別な症状がなくすぐに病床移動はさせられなかった。責任を痛感する」と打ち明けた。

Aさんの管理を担当してきた東大門区保健所は生活治療センターの配分を要請してから1日で急速に悪化し病院の病床配分に変更して要請する過程で病床配分が遅れたと説明した。東大門区保健所関係者は「基礎疾患がある上に感染者が急増している状況が重なり、1日で急速に悪化しとても残念だ」と説明した。東大門区関係者は「ソウル市に緊急病床配分要請を2回もしたがソウル市にも重症患者病床がひとつしかないほど病床が足りない状況で、配分が遅れ残念なことになった」と話した。

一方、ソウル市によると新型コロナウイルスによるソウル地域内の死亡者は17日午前0時基準で125人に達する。死亡率は0.93%だ。ソウル市の感染症専従病院の病床稼動率は16日午後8時基準86.1%だ。重症患者病床80床のうち入院可能な病床は1床にすぎない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP