주요 기사 바로가기

ベル元在韓米軍司令官「北を追う韓国の核武装は災難に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.28 13:16
0
バーウェル・ベル元在韓米軍司令官が、韓国の政界の一部で最近言及されている韓国の核武装論に反対の立場を明らかにした。

28日の米政府系放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、ベル氏は26日に声明を出し、「北朝鮮の無責任な行動を追って自ら核兵器を追求することは、韓国の国家安保利益に決して合わない」と主張した。ベル氏は2006-08年、在韓米軍司令官と国連軍司令官、韓米連合司令官を務めた。

ベル氏は「北朝鮮が核兵器カードを繰り返し取り出すことに対して韓国が感じる挫折感を理解する」としながらも「韓国が核兵器を確保する場合、数十年間続いた韓国の対北朝鮮態勢を、効率性が立証された抑止と防御戦略から、過激で攻勢的な核兵器要素が含まれた戦略に変化させる」と憂慮した。

続いて「核保有国はすべて即刻かつ攻撃的な戦争能力を備えているため、核兵器をただ防御のために使用すると話すことはできない」とし「もし韓国がこうした能力を確保することになれば、米国、日本、中国との安定的かつ友好的な外交・経済関係のための長期間の努力を破壊するはずで、これは韓国に災難になるだろう」という見方を示した。

ベル氏は「米国は北朝鮮の侵略に対抗して韓国と共に戦うという長期間の公約から確実に距離をおくことになるはずで、韓国に対する核の傘保障を撤回するしかないだろう」とし「もし米国が韓国との安保同盟を撤回すれば、韓国は中国、北朝鮮、ロシアに対抗して自国を自ら守らなければならいけない」と強調した。また、「韓国の域内パートナーである日本との平和で生産的な関係を増進しようとするすべての努力も壊すことになる」とし「日本は核で武装した韓国を直接的な脅威と見なし、これに対応するしかないはず」とも指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP