주요 기사 바로가기

韓国全羅南道、農水産食品の常設販売場1号店を東京新宿に開設

ⓒ 中央日報日本語版2020.11.27 14:16
0
全羅南道(チョルラナムド)は27日、東京新宿にある大型スーパー「Yesmart(イエスマート)」に同道の農水産食品常設販売場日本1号店を開設した。

この店舗を通じて全羅南道は海外に12店舗目の常設販売場を開設することになった。また同道の農水産食品輸出の32.5%(2020年10月基準)を占める第1位輸出国・日本の首都に開設したことに大きな意味がある。

販売場が位置する新宿新大久保は、韓流ドラマおよびK-POPブームなどで日本の若者が韓国文化を体験したり韓国の味に触れたりするために集まる韓流の中心地だ。

この日の開場式では、全羅南道のエコイメージを前面に出した海苔、ワカメ、昆布、灰貝などの水産加工品と共に、柚子茶、白菜キムチ、カラシ菜キムチ(カッキムチ)など特産品などが高い人気を呼んだ。

特に試食用キムチを謝恩品として配り、エコ農水産物の広報活動も同時に行い、現地消費者の熱い関心を集めた。

全羅南道は、東京常設販売場が韓国人の大規模住居団地および商店街に隣接している地理的利点を生かして優れた農水産食品を広報し、商品を多様化して輸出をさらに拡大していく計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP